2022年08月25日

【演奏音源】2011年9月18日の演奏会より。(S.ラフマニノフの作品)

【継承されるピアニズム 〜ショパンからロシアロマン派へ〜 吉永哲道ピアノリサイタル】より

S.ラフマニノフ:
プレリュード嬰ハ短調 op.3-2(通称「鐘」)
メロディー ホ長調
ガヴォット ニ長調

吉永哲道(ピアノ)
Tetsumichi YOSHINAGA, piano
2011年9月18日、宗次ホールでの収録

冒頭のあまりに印象的な、3つの音によるモチーフ。
「鐘」の通称で広く知られる嬰ハ短調のプレリュードは、ラフマニノフが18歳、モスクワ音楽院を卒業後間もない時期に作曲されました。

「私は度々、私がこの音楽を作りながら、何を想像していたのか、言い換えるならば、インスピレーションの源は何だったのかと尋ねられました。(音楽院を卒業したばかりで)お金を稼ぐ必要に迫られていた事の他は、ただ何か美しく芸術的なものを創作したいという望みが、私を感化していたのです。」

ラフマニノフの初期作品において既に、私たちは、彼の唯一無二の輝かしい個性を聴き取る事ができます。
それは、「ロシアそのもの」である事。
彼の音楽にはロシアの文化、自然……全てが内在し、それこそが、今尚多くの人々を魅了し続けて止まない所以なのでしょう。

吉永哲道


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏音源

2022年08月21日

【演奏会情報】〜限りなく美しい響きを〜 吉永哲道ピアノリサイタル2022

まるでヨーロッパの小さなホールに居るような、贅沢な響きと雰囲気のファンタジー・アンプロンプチュは、私のお気に入りの場所です。
今回のリサイタルでは、長年抜粋で愛奏してきたチャイコフスキーの「四季」を、初めて全曲演奏します。

皆さまと豊かな時間を共有できますように。
お運びいただければ嬉しく思います。
吉永哲道

---------------------------------------------------------------------------------------------------
限りなく美しい響きを
吉永哲道ピアノリサイタル 2022
---------------------------------------------------------------------------------------------------
〈日時〉
2022年9月24日(土) 14:00開演(13:30開場)
〈会場〉
Fantasie-Impromptu
〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
◆J.S.バッハ:
プレリュード ロ短調(A.ジローティ編)
フランス組曲第6番ホ長調 BWV817
◆S.ラフマニノフ:
コレルリの主題による変奏曲 op.42
【後半】
◆P.チャイコフスキー
四季 op.37b全曲

〈入場料〉
3,500円(当日+500円)
〈主催〉
Fantasie-Impromptu
〈協賛/チケットご予約〉
SARA PIANO TUNING OFFICE
MAIL/sara@piano.name
TEL/090-1565-6159

〈会場へのアクセス〉
Fantasie-Impromptu
〒486-0918 愛知県春日井市如意申町4-31-15
JR中央本線「勝川駅」から名鉄バス「如意申」下車徒歩5分
名鉄小牧線「春日井市駅」下車徒歩10分


20220924A.jpg


20220924B.jpg



posted by tetsumichi at 08:24| 演奏会情報

2022年08月04日

【演奏会情報】2台ピアノの饗宴 〜若き俊英を迎えて〜

2022年9月の公演に向けて、私たちはチャイコフスキーの交響曲第5番を中心としたプログラムの構想を温めて参りました。その最中、2月24日に飛び込んできたロシアによるウクライナ侵攻の衝撃的なニュース。
ロシアの文化への風当たりが強くなる状況下、チャイコフスキーやラフマニノフの作品を取り上げてよいものかどうか……最終的なプログラム決定の時点において、感情面での躊躇があった事は否めません。
ですが、「人の良心が生み出した音楽」をお届けさせていただく事こそが私たちが演奏する意味と考え、このプログラムでの公演を決めました。
そしてもう一つは、こちらも以前から私たちの重要な仕事と考えておりました、未来を担う若手の紹介。今回ようやく、その企画を実現する事が叶いました。

どうぞ、このプログラムが皆様の心に響きますように。
黒岩悠、吉永哲道

* チケットは、吉永のHPでもお申込みを承ります。
https://www.tetsumichi.jp/postmail/postmail.html


黒岩悠&吉永哲道
2台ピアノの饗宴 〜若き俊英を迎えて〜

〈日時〉
2022年9月10日(土) 13:30開演(13:00開場)
〈会場〉
宗次ホール
〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)
齋藤珠優(ピアノ)
市川倫(ピアノ)

〈曲目〉
[吉永ソロ]
S.ラフマニノフ:
ノクターン op.10-1
舟歌 op.10-3
[黒岩ソロ]
S.ラフマニノフ:
前奏曲 嬰ハ短調 op.3-2「鐘」
前奏曲 嬰ト短調 op.32-12
絵画的練習曲 op.39-6
[2台ピアノ/市川&吉永]
R.シューマン=C.ドビュッシー:
カノン形式による6つの練習曲より 第1番
J.C.バッハ:
クラヴィーアソナタ ト長調より 第2楽章
[2台ピアノ/齋藤&黒岩]
W.A.モーツァルト:
2台ピアノのためのソナタK.448より 第1楽章
[2台ピアノ/黒岩&吉永]
P.チャイコフスキー:
交響曲第5番 op.64(S.タネーエフ編)

〈入場料〉
[全席自由]一般 2,000円
〈主催〉
名古屋2台ピアノオーディション/宗次ホール
〈チケットお問い合わせ〉
宗次ホールチケットセンター Tel : 052-265-1718
チケットぴあ WEB購入=https://t.pia.jp/

20220910a.jpg


20220910b.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2022年07月31日

【終了御礼】スクリャービン生誕150周年に寄せて。

7月22日、ヤマハ銀座店6Fサロンにて、「田中正也&吉永哲道 ジョイントリサイタル
〜スクリャービン生誕150周年に寄せて〜」を開催致しました(15:00開演、及び18:30開演の2公演)。
アンケートに多くの好評のご感想をいただきました事、大変嬉しく、ご来場いただきました皆さまに心より御礼申し上げます。

田中正也さんとは、今後も長くロシア・ソヴィエト音楽の演奏に力を注いでいきたいと思っています。
皆さまと、また会場でお会いできますように。
吉永哲道


〈プログラム〉
【前半】
A.スクリャービン
3つの小品 op.2
[田中]
F.ショパン:
マズルカ op.56-2
ノクターン嬰ハ短調 遺作
[𠮷永]
F.ショパン
エチュード op.25-1「エオリアン・ハープ」
スケルツォ第1番 op.20
[田中]
A.スクリャービン:
ピアノソナタ第3番 op.23
[𠮷永]

【後半】
A.スクリャービン:
左手のためのプレリュード op.9-1
2つの詩曲 op.32
[𠮷永]
山田耕筰:
スクリャービンに捧ぐる曲
A.スクリャービン:
ピアノソナタ第4番 op.30
[田中]
A.スクリャービン:
2台ピアノのための幻想曲
[田中&𠮷永]

〈アンコール〉
S.ラフマニノフ:
前奏曲嬰ハ短調 op.3-2
(作曲家自身による2台ピアノ編曲版)


image0.jpeg


image1.jpeg


image2.jpeg


image3.jpeg


posted by tetsumichi at 15:00| その他

2022年07月25日

【演奏音源】2011年9月18日の演奏会より。(A.スクリャービンの作品)

【継承されるピアニズム 〜ショパンからロシアロマン派へ〜 吉永哲道ピアノリサイタル】より

A.スクリャービン:
エチュード op.2-1
エチュード op.8-2

吉永哲道(ピアノ)
Tetsumichi YOSHINAGA, piano

2011年9月18日、宗次ホールでの収録


「第2番は間違って解釈されることが多い ─ ドラマチックすぎる演奏が多いが、これは元来悲劇的な音楽なので、情熱は抑制されなければならない」
スクリャービンの音楽の偉大なる解釈者であったヴラディーミル・ソフロニツキーは、作品8-2のエチュードに関してこのように言及しました。

“悲劇性”が、スクリャービンの初期作品における感情の発露を比類なき芸術の域へ高めている事は疑いようがなく、作品2-1のエチュードもまた、悲痛な苦しみの吐露、絶望的な気分に支配された作品と言えるでしょう。
わずか14歳にして、スクリャービンがこのエチュードを作曲し得た事実に……私は人間の創作活動の奇跡を思わずにはいられないのです。

吉永哲道




posted by tetsumichi at 07:00| 演奏音源