2020年09月03日

【終了御礼】炎のベートーヴェン。

8月16日(日)、名古屋は宗次ホールにて、今年で8回目となる黒岩悠さんとのデュオコンサート(ソロ&2台ピアノ)を開催致しました。

宗次ホールはコロナウィルス感染防止対策の一環として入場者数を310席の約半分、150席に限定して公演を行ってくださっていますが、当日は130名程のお客様がご来場下さり、ただただ、感謝の想いで演奏させていただきました。

私は、クラシック音楽が何か特別な力を持っているとは思っていません。
ですが、人がそこに何かを求めるならば、その時、音楽は私たちの心と生活を満たし、良い未来へと向かわんとする原動力になると信じています。
苦悩を通り歓喜へ。
ベートーヴェンはまさに、生涯を音楽に捧げそれを成し遂げた人物でした。

宗次ホールのスタッフの皆様、そしてご来場下さった皆様に、重ねまして心より御礼申し上げます。
どうぞ、明日が良い日でありますように。
吉永哲道



ベートーヴェン生誕250周年
黒岩悠×吉永哲道
悲愴!熱情!運命!!
炎のベートーヴェン


〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
[吉永ソロ]
ピアノソナタ第8番ハ短調 op.13「悲愴」
[黒岩ソロ]
ピアノソナタ第23番 op.57「熱情」
[2台ピアノ]
交響曲第5番 op.67「運命」
*ウルリッヒ編曲の連弾版を2台ピアノで演奏。

〈アンコール〉
J.S.バッハ=M.ヘス:
主よ、人の望みの喜びよ



2020081601.jpg

2020081602.jpg
posted by tetsumichi at 07:00| その他

2020年08月13日

【終了御礼】「生きた音楽」の復帰。

8月10日(月・祝)、立川市はカンマーザールでのコンサートを、盛況の内に終える事ができました。

会場はNPOの方々が万全の感染予防対策を講じて下さっており、お客様と私たち演奏者双方が、心置きなく音楽を楽しめる時間となりました。

作曲家、演奏家、そして聴衆。
この三者の繋がりによって初めて実現し得る、「生きた音楽」があります。

日々音楽活動の為に戦い、この様な場を提供して下さる「認定NPO法人 おんがくの共同作業場」の皆様、そしてコンサートにお運び下さったお客様に、深く、深く御礼申し上げます。

吉永哲道


郡司博の仲間たち
カンマーザールサロンコンサート in 2020 summer

〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)
ゲスト
森松炎山(オーボエ)

〈プログラム〉
◆ピアノ独奏:吉永哲道
J.S.バッハ=M.ヘス:
「主よ、人の望みの喜びよ」(カンタータBWV147 より)
J.S.バッハ:
平均律クラヴィーア曲集第1巻より プレリュードとフーガ ハ長調BWV846
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第8番ハ短調 op.13「悲愴」

◆オーボエソロ:森松炎山/ピアノ:吉永哲道
C.サン=サーンス:
オーボエソナタ ニ長調 op.166

◆バス独唱:渡部智也/ピアノ:吉永哲道
A.ダルゴムィシスキー:
「愛している、美しい人よ」
「東方のロマンス」
「庭園」
「結婚」

〈アンコール〉
◆バス独唱:渡部智也/ピアノ:吉永哲道
「ピアノのレッスン」
*D.チマローザのオペラ「宮廷楽士長」を渡部が改編。
◆ピアノ独奏:吉永哲道
F.ショパン:
Lento con gran espressione(ノクターン嬰ハ短調 遺作)


image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg
posted by tetsumichi at 11:00| その他

2020年08月05日

【演奏音源】2018年9月24日の演奏会より。

【黒岩悠×吉永哲道 ピアノソロ&デュオコンサート
Voyage on France 〜音楽フランス散歩〜】より

今回の演奏音源は、フランス音楽です。

宮廷文化の産物である、洗練されたラモーのクラヴサン曲。
ドビュッシーは独自の音楽語法により、旋律で何かを強く訴えかけるロマン主義の音楽と
は全く異なる、響きの現象としての存在自体が鮮烈な印象を放つ音楽を創造、確立させ
ました。
その神秘性が顕著に聴き取られる、月の光の描写の試み。
ロシアの画家、イヴァン・クラムスコイ(1837〜1887)の名画「月夜」とともに、その研ぎ澄
まされた響きの世界を堪能いただければ幸いです。

吉永哲道


J-F.ラモー:
クラヴサン曲集(第3組曲)より
「ミューズたちの対話」
C.ドビュッシー:
ベルガマスク組曲より
「月の光」
前奏曲集第2巻より
「月光が降り注ぐテラス」
「風変わりなラヴィーヌ将軍」

吉永哲道(ピアノ)
Tetsumichi YOSHINAGA, piano

2018年9月24日、宗次ホールでの収録

*曲ごとの頭出しの時間は、YouTubeの概要欄をご覧下さい。

posted by tetsumichi at 09:57| 演奏音源

2020年07月05日

【演奏会情報】黒岩悠×吉永哲道  炎のベートーヴェン

聴覚を失った代わりに、偉大なる意志の力を自らの中に発達させたベートーヴェン。
生誕250年の記念年に、入魂の名曲プログラムをお届けいたします。
皆様と会場でお会いできます事を祈りつつ。
吉永哲道

*チケットは7月19日(日)の10:00より販売開始となります。
こちらもどうぞご利用下さい。
[チケットお申し込み専用フォーム]

https://munetsuguhall.com/performance/sweets/entry-1917.html

《ベートーヴェン生誕250周年》
黒岩悠×吉永哲道
悲愴!熱情!運命!!
炎のベートーヴェン

〈日時〉
2020年8月16日(日) 13:30開演(13:00開場)
〈会場〉
宗次ホール
〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
[吉永ソロ]
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第8番ハ短調 op.13「悲愴」
[黒岩ソロ]
ピアノソナタ第23番 op.57「熱情」
[2台ピアノ]
交響曲第5番 op.67「運命」

〈入場料〉
一般自由席 2,000円
〈主催〉
宗次ホール
〈チケットお問い合わせ〉
宗次ホールチケットセンター Tel : 052-265-1718

20200816a800.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2020年06月25日

【演奏音源】2018年10月12日のリサイタルより、「展覧会の絵」。

【カンマーザールサロンコンサート
吉永哲道ピアノリサイタル 〜響きの芸術〜】より

M.ムソルグスキー:展覧会の絵

吉永哲道(ピアノ)
Tetsumichi YOSHINAGA, piano

2018年10月12日、カンマーザール in 立川での収録


民衆の中で。
19世紀ロシアの作曲家の中でも際立って個性的な存在であり、芸術を農民や庶民の中
へと近づけていかなければならない、という思想を持っていたモデスト・ムソルグスキー
(1839〜1881)。彼の音楽の根底を成す荒々しいまでのリアリズムは、微塵もソフスティケ
イトされていない、切れば鮮血がほとばしる様なむき出しの“民衆の魂”を、作品を通して
伝える事に成功した。彼らの呻きや叫びに始まり、ロシアなるもの全てがムソルグスキー
の音楽の中にはある。虐げられた農民たちの苦悩への同調(“ブィードロ”)から古き偉大
なるルーシへの讚美(“古都キエフの大門”……壮大に鳴り響く鐘を、これほど見事に描
写した音楽があるだろうか!)まで、「展覧会の絵」が今も多くの聴衆を虜にするのは、そ
の音楽がロシア人にしか創造し得ない圧倒的なまでの生々しさ(リアリティー)に裏付けら
れているからであろう。
作曲家ムソルグスキーの群を抜く表現の強烈さに、私はいつも驚嘆せずにいられない。
吉永哲道

*曲ごとの頭出しの時間は、YouTubeの概要欄をご覧下さい。




posted by tetsumichi at 07:00| 演奏音源