2020年02月27日

【終了報告】モスクワ公演 其の一〈リサイタル〉

先般、2月6日から13日までの約1週間モスクワに滞在し、演奏会を行って参りました。

◆リサイタル
2月8日/スクリャービン博物館
◆民族楽器奏者とのジョイントコンサート
2月9日/星の街
2月10日/グネーシン音楽アカデミー

そのコンサートの様子等を、3回に渡って掲載させていただきます。
どうぞ、ご笑覧いただければ嬉しく思います。


先ずは2月8日に、モスクワ市内の中心部は旧アルバート通り界隈にあるスクリャービン
博物館にて、バス歌手の渡部智也さんと各々プログラムを組み、行ったリサイタルです。
個人的な事ですが、今回のリサイタルは私にとって、2015年1月に恩師ヴェーラ・ゴルノス
ターエヴァ先生が亡くなって以来ずっと心の中にあった、“先生の為にモスクワで弾く”と
いう想いを叶える機会となりました。その事を、心から嬉しく、幸いに思っています。

当日の会場は、満員のお客様。
盛大な拍手と“ブラヴォー!”に混じり、“スパシーバ!(ありがとう!)”のかけ声を下さっ
たお客様がいらした事が、ことに印象的でした。


《日本から愛をこめて》
第1部
《ヴェーラ・ヴァシーリェヴナ・ゴルノスターエヴァへの音楽の贈り物》
吉永哲道(ピアノ)

S.ラフマニノフ:
前奏曲嬰ハ短調 op.3-2
P.チャイコフスキー:
「四季」op.37bより
3月 “ひばりの歌”
5月 “白夜”
6月 “舟歌”
9月 “狩り”
F.シューベルト:
楽興の時 D.780(全6曲)
F.リスト:
ハンガリー狂詩曲第10番 ホ長調 “前奏曲”

第2部
《新しい時代への息吹》
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

D.ショスタコーヴィチ:
E.ドルマトーフスキーの詩による5つのロマンス op.98
“出会いの日”
“告白の日”
“絶望の日”
“喜びの日”
“追憶の日”
大津三郎:
花のまわりで
成田為三:
浜辺の歌
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集より
“ジョン・アンダーソン”
“兵士の帰還”

〜アンコール〜
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
[渡部]
M.ムソルグスキー:
展覧会の絵より “キエフの大門”
[吉永]

20200208_001.jpg


20200208_002.jpg


20200208_003.jpg


20200208_004.jpg


20200208_005.jpg


20200208_006.jpg


posted by tetsumichi at 10:00| その他

2020年02月02日

【演奏会情報】モスクワ公演

モスクワで演奏してきます。

2015年1月に亡くなられた恩師ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生を偲んで、“モスクワで先生の為に弾きたい。自分はそれをしなければならない”という、使命感(大袈裟ですが)にも似た想いが、ずっと自分の中のありました。
今回、それが実現できる事を嬉しく思っています。

今の私の演奏が、先生の御心に適う事を願いつつ。

吉永哲道


〈2020年モスクワ公演〉
◆リサイタル
2月8日(土)
スクリャービン博物館、モスクワ
《Музыкальное приношение В.В.Горностаевой》
(ヴェーラ・ヴァシリーヴナ・ゴルノスターエヴァへの音楽の贈り物)
吉永哲道(ピアノ)
《Дуновение в новую эру》
(新しい時代への息吹)
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

◆ジョイントコンサート
〜ロシア民族楽器奏者と共に〜
2月9日(日)
星の街
2月10日(月)
グネーシン音楽大学、モスクワ

8 февраля в Музей Скрябина приглашают слушателей японские музыканты Тэцумичи Ёсинага (фортепиано) и Томоя Ватанабэ (бас).

1-е отделение концерта Тэцумичи Ёсинага посвятил памяти своего педагога Веры Васильевны Горностаевой. Пианист окончил Московскую государственную консерваторию имени П.И. Чайковского и аспирантуру МГК. Во время обучения в Москве учился у Максима Филиппова, Дарьи Петровой, Веры Горностаевой. Тэцумичи Ёсинага – лауреат нескольких международных конкурсов. В исполнении японского пианиста прозвучат произведения А.Н. Скрябина, И.С. Баха, Ф. Шуберта, Ф. Листа.

2-е отделение концерта Томоя Ватанабэ назвал ≪Дуновение в новую эру≫.
Он окончил ≪Kunitachi College of  Music≫, и аспирантуру (вокальный факультет) ≪Musashino Academia Musicae≫. После этого продолжил обучение в Московской государственной консерватории. Томоя Ватанабэ – лауреат нескольких международных конкурсов. В исполнении музыкантов прозвучат песни Дмитрия Шостаковича, Георгия Свиридова и японские песни.

Концерт включен в программу ≪Года японо-российских межрегиональных и побратимских обменов≫.
(スクリャービン博物館ウェブサイトより)

IMG_4006.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2020年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
平素よりこのブログをご覧いただいております皆様には、先ず心より御礼申し上げます。

昨年12月、長年自分の中で想いを温めて参りました、オール・J.S.バッハ・プログラムによるリサイタル第1弾を実施致しました。
モスクワから帰国後、30代の10年をかけて試行錯誤、積み重ねてきたものが、ようやく少しずつではありますが自分の中で実を結び始めてきているように感じます。

自分の意志で音楽の道を選んだのですから、やらなければならない事があります。
音楽を愛する気持ち故に、やらずにはいられない事があります。
自らの心に正直に、本年も精進して参ります。

2020年最初の演奏会は、毎冬恒例となっている渡部智也氏のバス・リサイタル。
2月にはモスクワにて、恩師である故ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生を偲ぶリサイタル等、3回のコンサートへの出演を予定しています。

末筆となりましたが、皆様の新年がどうぞ希望に満ちたものでありますように、ご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

吉永哲道

【コンサート情報】
◆第6回 渡部智也 バス・リサイタル
〜新しい時代への息吹〜

〈日時・会場〉
2020年1月10日(金) 14:00開演(13:20開場)
カンマーザール in 立川
2020年1月13日(月・祝) 14:00開演(13:30開場)
日比谷スタインウェイサロン東京 松尾ホール

〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
D.ショスタコーヴィチ:
ドルマトーフスキーの詩による5つの歌曲より
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
G.スヴィリドフ:
モスクワの朝
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集
(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)


◆ソロリサイタル
《ヴェーラ・ヴァシーリエヴナ・ゴルノスターエヴァへの音楽の贈り物》

〈日時・会場〉
2020年2月8日(土) 15:00開演
スクリャービン博物館、モスクワ

〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
J.S.バッハ:
最愛なる兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ BWV992
A.スクリャービン:
2つの詩曲 op.32
F.シューベルト:
楽興の時 D.780
F.シューベルト=F.リスト:
水の上で歌う
セレナーデ
F.リスト:
ハンガリー狂詩曲第10番

20200101.jpg

posted by tetsumichi at 07:00| その他

2019年12月26日

【演奏会情報】第6回 渡部智也 バス・リサイタル 〜新しい時代への息吹〜

ロシアの声楽曲をライフワークとする、渡部智也氏の第6回バス・リサイタル。
今回は、ゲオルギー・スヴィリドフ(1915〜1998)の作品、《バーンズの詩による歌曲集》全曲演奏に挑みます。

20世紀ソヴィエト時代を代表する作曲家の1人として、本国で高い評価と人気を誇るスヴィリドフですが、私自身、モスクワに留学するまでこの作曲家の事を全く知りませんでした。
その音楽の特徴を一言で申し上げるならば、“峻厳さ”でしょうか。
ロマン派音楽とは全く異なる、厳しさの中で息づく叙情性。
真冬の張り詰めた冷気の如き、純粋さ。
頑強なリズムに支えられ邁進する音楽が放つ、不屈のエネルギー。

輝かしい作曲家の個性を、年を追うごとに益々声の伸びと深みを増していく渡部氏の素晴らしい歌唱によって多くの方に知っていただける機会となれば、伴奏者と致しましても大変嬉しく存じます。
是非ご来場下さい。
吉永哲道


第6回 渡部智也 バス・リサイタル
〜新しい時代への息吹〜

〈日時〉
2020年1月13日(月・祝) 14:00開演(13:30開場)
〈会場〉
日比谷スタインウェイサロン東京  松尾ホール
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
D.ショスタコーヴィチ:
ドルマトーフスキーの詩による5つの歌曲より
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
G.スヴィリドフ:
モスクワの朝
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集より全9曲
(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)

*曲目、曲順は変更になる場合がございます


〈入場料〉
全席自由 2,000円
〈主催〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
〈制作協力〉
認定NPOおんがくの共同作業場
〈チケット取扱い〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
e-mail:mv-pro@live.jp
認定NPOおんがくの共同作業場
http://www.gmaweb.net/npo/
TEL:042-522-3943


20200113.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年12月23日

【演奏会情報】
カンマーザールサロンコンサート 第6回 渡部智也 バス・リサイタル 〜新しい時代への息吹〜

私の車のオーディオは、渡部智也のコンサートのCDです。それを聴きながら運転。辛辣な批判も時にする。ただ、何十年も歌うことをやめてしまった私にとって、彼の低音の美声は最高の癒しである、それも聞くたび充実している。結婚して最高の伴侶を得た彼の歌が、どう変わっていくか楽しみ。新妻のためにも歌うのだから。
指揮・合唱指揮 郡司博


カンマーザールサロンコンサート
第6回 渡部智也 バス・リサイタル
〜新しい時代への息吹〜
スヴィリドフ作曲 バーンズの詩による歌曲集 全曲演奏

〈日時〉
2020年1月10日(金) 14:00開演(13:20開場)
〈会場〉
カンマーザール in 立川
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)


〈曲目〉
D.ショスタコーヴィチ:
ドルマトーフスキーの詩による5つの歌曲より
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
G.スヴィリドフ:
モスクワの朝
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集
(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)

*曲目、曲順は変更になる場合がございます


13:30〜13:45 プレ・コンサート
白川媛葉(ピアノ)
J.S.バッハ:
トッカータ ハ短調 BWV911


〈入場料〉
全自由席 2,000円
コーヒー、紅茶、プレゼントつき
〈チケットお問い合わせ〉
カンマーザール
TEL:042-522-3931

20200110.jpg

 
 
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報