2018年09月05日

16.内なる声に。

「あなたが主張するのではなく、音楽に語らせなさい。」

モスクワ留学中に、エンリケ・グラナドスのピアノのための組曲《ゴイェスカス》より第5曲、“愛と死”をヴェーラ先生にレッスンして頂いた時の事だ。

「この曲は、あからさまな情熱をぶつけて弾いてはいけない。この作品に内包されているのは、ただひたすらに献身的な愛と、その愛に常に隣り合わせで存在する死、私たち人間にとっての、真の悲劇。
演劇における役柄の一つに、“悲劇役者”というのがあるのをあなたは知ってる?彼らは悲しい出来事をわざと大仰な口調、身振りで表現する。勿論、語っている内容そのものは悲劇なのだけれど、そのような大袈裟な芝居によって、実際には観客の笑いを誘う喜劇になる。今のあなたの演奏からはその様な印象を受ける。
自分が作品の中に感じた悲しみや苦しみを、そんなにあけっぴろげに表現してはいけない。そのような安易な感情の投影は、この曲の品位を落としてしまう。優れた音楽作品は、それ自体が語られるべき充分な内容を持っている。」

そして冒頭の言葉をおっしゃられたのだ。
あなたではない、音楽に語らせよと。

当時私は29歳だったが、この「音楽に語らせる」という事がどうしても分からなかった。
気持ちを込めれば大袈裟になってしまい、抑えると演奏そのものがこじんまりとなってしまう。いったいどうすれば……。

つまるところ、重要なのは響きなのだ。
器楽曲には言葉がない。
故に響きに表情がなければ、色がなければ、温度がなければ、変化がなければ……それは、ただ強弱の差のみの音の羅列となり、音楽そのものは何も語り得ない。
また、演奏者があからさまに自分の情熱を鍵盤(音楽)にぶつけてしまっては……悲劇は誇張され喜劇になってしまうというのも、予想がつくだろう。

響きを徹底的に追求する過程で、作品の内なる声が徐々にきこえるようになる。
その内なる声を演奏者自身がきけてこそ、初めて“音楽自身”が語りだすのであり、そうでなければ、演奏は単なる奏者の自己主張にすぎなくなってしまう。

勿論、演奏に対する価値観は様々だ。様々であってよいと思う。
ただ私は……内なる声がきこえてこない演奏には、それが技巧的にどんなに優れていようとも、どこか虚しさを感じてしまうのだ。


【ロシアピアニズムの最新記事】
posted by tetsumichi at 07:00| ロシアピアニズム

2018年09月02日

曲目変更のお知らせ。

9月11日(火)のリサイタルのプログラムを、以下の通りに変更させていただきます。

〜ロシアピアニズムの響き〜
吉永哲道 ピアノリサイタル

J.S.バッハ=F.ブゾーニ:
コラール前奏曲「目覚めよと呼ぶ声す」 BWV645
J.S.バッハ:
フランス組曲第2番 ハ短調 BWV813
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第17番 ニ短調 op.31-2 「テンペスト」

M.ムソルグスキー: 展覧会の絵

後半に演奏予定でしたシューマンのユーゲントアルバムより1曲、及び幻想曲が、ムソルグスキーの「展覧会の絵」に差し替えとなります事をご了承下さい。
幻想曲はいずれ演奏会で取り上げますので、別の機会をご期待頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

吉永哲道

posted by tetsumichi at 14:00| 演奏会情報

2018年09月01日

【演奏会情報】黒岩悠×吉永哲道 ピアノソロ&デュオコンサート  Voyage on France 〜音楽フランス散歩〜

黒岩悠×吉永哲道 ピアノソロ&デュオコンサート
Voyage on France 〜音楽フランス散歩〜

今年で6回目となる、黒岩悠さんとの宗次ホールでのデュオコンサート。
今回のプログラムのコンセプトは「フランス名所巡り」。
音楽によるフランス散策を、是非お楽しみ頂ければと思います。
吉永哲道


〈日時〉
2018年9月24日(月・祝) 13:30開演(13:00開場)
〈会場〉
宗次ホール
〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
[吉永ソロ]
◆ヴェルサイユ
J-F.ラモー:
クラヴサン曲集(第3組曲)より
「ミューズたちの対話」
◆ロワールの古城
C.ドビュッシー:
ベルガマスク組曲より
「月の光」
◆サン=レミ=ド=プロヴァンス
C.ドビュッシー:
前奏曲集第2巻より
「月光が降り注ぐテラス」
◆パリ・モンパルナス地区
C.ドビュッシー:
前奏曲第2巻より
「風変わりなラヴィーヌ将軍」

[黒岩ソロ]
◆サン=ジェルマン=アン=レー
J.S.バッハ:
フランス風序曲 BWV831より
序曲・フーガ、サラバンド、エコー
◆リヴィエラ
F.プーランク:
即興曲第15番「エディット・ピアフ賛」

[2台ピアノ]
◆パリ ミシア・セール邸
M.ラヴェル:ラ・ヴァルス
◆パリ・マレ地区
C.サン=サーンス:動物の謝肉祭より

〈入場料〉
一般自由席  2,000円
〈主催〉
宗次ホール
〈チケットお問い合わせ〉
宗次ホールチケットセンター Tel : 052-265-1718
チケットぴあ Tel : 0570-02-9999
栄プレチケ92 Tel : 052-953-0777
芸文P.G. Tel : 052-972-0430

20180924L.jpg
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2018年08月26日

【終了御礼】同志。

8月18日、ヤマハ銀座店6Fサロンでのバス歌手渡部智也氏との「第2回ロシア声楽コンクール 受賞記念コンサート」が、盛況の内に終了致しました。
お越し頂きました皆様に、心より御礼申し上げます。

何をしたいのかではなく、何をすべきなのか。
それが明確になると、人生は実にシンプルに、迷いなく生きる事ができます。
私がもう10年以上渡部氏の伴奏を続けさせて頂いているのは、そんな彼の生き方に共感しているからだと、今回の演奏会は、改めてそれを強く実感する機会となりました。
ピアニストは孤独です。
だからこそ、志を共にできる共演者との出会いは一生の財産となる、なり得ると、私は思っています。

今後とも、私たちの活動をお見守り頂ければ幸いです。
感謝を込めて。

吉永 哲道

20180818.JPG
posted by tetsumichi at 07:00| その他

2018年08月25日

15.耳慣らし。

耳慣らし、という言葉が正確な日本語なのかどうかは分からないが、私にとって、普段の練習や演奏会のリハーサルを始める前の〈耳慣らしの時間〉は、ちょっとした儀式のようなものだ。

ピアノの前に座る。
だが、いきなり沢山の音や曲を弾くような事は決してしない。
ペダルを踏み、好きな音を一音、ポーンと響かせる。
弱音ならばなお良い。
そして、その響きの行方にじっと耳を傾ける……。

響きがただ衰退していくのではなく、あたかも自分から遠ざかっていくように感じられるならば、耳の準備が整ったと言えるだろう。
何の?
音が生じた後の響きの変化を聴く、つまり倍音を聴く耳の態勢である。
(前回の記事で書いたように、多彩な音色は倍音の変化である)

もう何年も前の事になるが、演奏会前のリハーサルを終えた後に、「最初、まるで調律をしているみたいでしたね」と言われた事がある(笑)。

響きの行方を聴く。
あなたは、聴く準備が整う前に弾いてしまってはいないだろうか?


20180825.JPG


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏技術について