2021年10月19日

【終了御礼】小品の世界。

2021年10月11日、紀尾井町サロンホールでのソロリサイタル「ピアノは歌う 〜音楽の宝石箱から〜」を盛況の内に終える事ができました。ご来場いただきました皆さまに、この場で改めまして心より御礼を申し上げます。

数年前、ある恩師との会話の中で、小品を集めたリサイタルプログラムをご提案いただいた事が今回のリサイタルに繋がりました。実は……準備し始めた当初は「アンコールを沢山弾くようなもの」と考えていたのですが、バロックから現代まで、異なる時代の様々な作曲家の作品を一晩で弾く事は、それぞれの音色の作り方の違い等に次々と対応していかなければならず、30分の大曲の演奏とは全く異なる難しさがある事を、身をもって実感した次第です(笑)。一方お客様からは、有難い事に「聴いているほうはいろいろ聴けて嬉しい」とのご感想をいただきました。

いずれ第2弾、第3弾と、このようなプログラムも継続してお届けさせていただきたく思っております。


私は梅の香のような
詩がかきたい
春の日がおとずれてくるような
詩がかきたい。

私は理窟からのがれ出て
そして香気のある
あたたかい
詩がかきたい。

私は小さい
小さい画(え)がかきたい
それは宝玉のように美しく
かがやき出る画がかきたい。


この武者小路実篤の詩の一節のような……香気に満ちたピアノ小品の世界。
また皆さまと共有できます事を、願っております。

どうぞ明日が良い日でありますように。
𠮷永哲道



Из музыкальной шкатулки
ピアノは歌う 〜音楽の宝石箱から〜
𠮷永哲道 ピアノリサイタル

〈プログラム〉
A.ペルト:
アリーナのために
W.A.モーツァルト:
幻想曲ニ短調 K.397
F.メンデルスゾーン:
無言歌集より op.85-4
R.シューマン:
ロマンス op.28-2
F.リスト:
愛の夢第3番
R.シュトラウス:
“明日” op.27-4(M.レーガー編曲)
F.ショパン:
ノクターン第18番 op.62-2

J.S.バッハ:
最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ BWV992
E.グラナドス:
スペイン舞曲集より第5番 アンダルーサ(祈り)
S.ラフマニノフ:
“ここは素晴らしい” op.21-7(A.ヴェデルニコフ/𠮷永哲道編曲)
10のプレリュードop.23より 第4番 ニ長調
N.メトネル:
おとぎ話 ヘ短調 op.26-3
P.チャイコフスキー:
《四季》op.37bより 6月“バルカローレ”
瞑想曲 op.72-5

〈アンコール〉
F.シューベルト:
ワルツ ロ短調 D.145, op.18-6
F.ショパン:
ノクターン 嬰ハ短調 遺作
J.S.バッハ:
主よ、人の望みの喜びよ(M.ヘス編曲)


image0.jpeg


image1.jpeg
posted by tetsumichi at 10:29| その他

2021年07月24日

【終了報告】音楽を通して。

7月11日の宗次ホールでの演奏会が、無事終了致しました。
未だコロナの収束が見えない状況の中、演奏会開催の為に日々尽力されているホール関係者の方々(本当に、大変な事だと思います)、また当日会場へお運び下さり、温かな拍手を下さったお客様に、心より感謝申し上げます。

私は、演奏会は音楽作品を通じて、弾き手と聴き手が日常を超えた感動を分かち合う場になり得る事が理想だと思っています。
無難に綺麗な音楽(演奏)ほどつまらないものはない。
お聴き下さる方に、願わくば心揺さぶられる音楽体験を。
そんな想いで、演奏を続けています。

来年も新しいレパートリーをお届け致します。
楽しみにお待ちいただければ嬉しく思います。

どうぞ明日が良い日でありますように。
吉永哲道

*私の演奏音源を投稿しておりますYoutubeチャンネル
(ピアニスト 吉永哲道 https://www.youtube.com/channel/UCtjXmRqPGkGV4LtWluj7ewg
で、今回のソロの演奏もいずれ公開させていただきます。



西欧からロシアへ 〜名曲でたどる伝統と栄華〜
黒岩悠×吉永哲道 ピアノ・ソロ&デュオ


〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
[黒岩ソロ]
M.グリンカ:
ノクターン「別れ」
J.S.バッハ(F.ブゾーニ編):
シャコンヌ
[吉永ソロ]
F.リスト:
《詩的で宗教的な調べ》より 第7番「葬送」
P.チャイコフスキー:
18の小品 op.72より 第5番「瞑想曲」
[2台ピアノ]
P.チャイコフスキー(N.エコノム編):
「くるみ割り人形」組曲より
小序曲
行進曲
金平糖の踊り
ロシアの踊り
葦笛の踊り
花のワルツ
S.ラフマニノフ:
2台ピアノのための組曲第2番 op.17より
ロマンス
タランテッラ

〈アンコール〉
S.ラフマニノフ:
プレリュード op.3-2
*作曲者本人の編曲による2台ピアノ版


image0.jpeg


image1.jpeg


posted by tetsumichi at 07:00| その他

2021年04月05日

【終了報告】ムソルグスキーの音楽。

渡部智也氏の第7回バスリサイタル、2公演(3月26日、31日)が無事終了しました。

後半に取り上げられたムソルグスキーの「死の歌と踊り」は、作曲家の強烈な個性が顕著に現れ
た、歌曲集と言えども各曲がオペラのアリアの様に一つの場面を描く劇的な作品です。

作品の根底を成す概念は、“理不尽な死”。

子守歌……「幼子の死」
病気による死……「セレナーデ」
貧困による死……「トレパーク」
司令官……「戦争による死」

人間として生を受けた以上目を背けることのできない、突然の、理不尽な死。
ムソルグスキーは、私たちにその事実を容赦なく突き付け、鋭く問うのです。

“これが人間の運命だ。”
“お前がその事実に直面したならば、どうする?”

民衆の中に身を置き、恐らくその死をも自らのものとして追体験せんとしたムソルグスキーの生き
様が、この傑作を創作せしめたのでしょう。避けられない死を前に人はどう生きるのか。それは
現代社会においても、私たちがそれぞれに、深く思いを至らせる問題ではないでしょうか。

ご来場、ご高評いただきました皆さまに、深く感謝申し上げます。
どうぞ明日が良い日でありますように。
吉永哲道


第7回 渡部智也 バス・リサイタル
〜ダルゴムィシスキーからムソルグスキーへ〜

〈公演日程〉
2021年3月26日(金) カンマーザール in 立川
2021年3月31日(水) 紀尾井町サロンホール

〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
A.ダルゴムィシスキー:
夜のそよ風
物憂くて悲しい
虫けら
結婚*
若者と乙女
九等官
庭園
ボレロ

M.ムソルグスキー:
歌曲集「死の歌と踊り」全曲
子守歌
セレナード
トレパーク
司令官

*は紀尾井町サロンホール公演のみ

〈アンコール〉
A.ダルゴムィシスキー:
私は貴女を愛した


image1.jpeg


image2.jpeg


image4.jpeg


posted by tetsumichi at 09:00| その他

2021年03月27日

【終了御礼】ロシアピアニズムの響き。

少し日が経ってしまいましたが、去る3月13日、愛知県は春日井市のホール、Fantasie-Impromptuでのリサイタルが盛況の内に終了致しました。終演後の懇親会では、ご来場いただいた皆様から多くのご好評をいただき、改めましてこの場で御礼を申し上げます。

このブログでもこれまで度々書かせていただいていますが、私が初めてロシアのピアノ流派の響きを生で体験したのは、11歳の春、ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生との出会いによってでした。

それから18年ヴェーラ先生の下で学び、30歳でモスクワから帰国するもまだ自分の音(音楽)に納得できず東京の大野眞嗣先生の門を叩き……11歳から今日までひたすらに、「自分自身の響き」を追い求めて試行錯誤を続けてきています。

響きが磨かれてくる程に、作品の奥深い世界、そこに存在する作曲家の魂が感じられるようになり、その喜びをお聴き下さる方々と共有したい。
私が響きにこだわらずにいられない理由は、ただそれだけです。

『響きの文化』とも言えるこの唯一無二のピアニズムを、私自身の中に根付かせ継承する努力を怠らず、演奏、指導の両分野を通して多くの方にこれからも「本物の音楽」をお伝えしていきたいと思っています。
末筆となりますが、いつもピアノを最良のコンディションに調整して下さる調律師の更家雅之氏、また細やかなご配慮で温かくお迎え下さるホールオーナーの林様に、心からの感謝を申し上げます。

どうぞ明日が良い日でありますように。
吉永哲道


─ ロシアピアニズムの真髄を弾く ─
𠮷永哲道 ピアノリサイタル

〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
J.ブラームス:
インテルメッツォ 変ホ長調 op.117-1
インテルメッツォ イ長調 op.118-2
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第17番 op.31-2「テンペスト」
M.グリンカ:
ノクターン「別れ」
M.ムソルグスキー:
展覧会の絵

〈アンコール〉
P.チャイコフスキー:
「四季」op.37bより 3月“ひばりの歌”
F.シューベルト:
ワルツ 嬰ハ短調 D.145, op.18-4
ワルツ 嬰ハ短調 D.365, op.9-27
ワルツ ロ短調 D.145, op.18-6
J.S.バッハ=M.ヘス:
「主よ、人の望みの喜びよ」(カンタータBWV147 より)


image1.jpeg


image2.jpeg


image3.jpeg


posted by tetsumichi at 09:01| その他

2021年02月21日

【終了御礼】恩師を偲んで。

去る2月8日、紀尾井町サロンホールにてリサイタル「ヴェーラ・ヴァシーリェヴナ・ゴルノスターエヴァ先生への音楽の贈り物」を実施、盛況の内に終了致しました。
緊急事態宣言発令下の現状を考慮し、入場者数を40席に限定させていただきましたが、当日は満員となり、改めましてご来場いただきました皆さまに篤く御礼申し上げます。

私は11歳の春に東京にてヴェーラ先生と出会い、その後、ヤマハマスタークラス及びモスクワ国立音楽院在籍期間を通し18年間、先生の薫陶を受ける事ができました。
先生との出会いによって私の人生がどれほど豊かなものになったのか……言葉では語り尽くせませんが、先生から与えられたものを次世代へと伝え、1人でも多くの方と“音楽する喜び”を共有する事が、これまでも、そしてこれからも私が生涯を通してなすべき仕事だと思っています。
私の自己満足かも知れません。
けれど、ヴェーラ先生が微笑みながら見守っていて下さる事を信じて。

どうぞ、皆さまの明日がよい日でありますように。
吉永哲道

〈プログラム〉
F.シューベルト:
15のワルツ(V.ゴルノスターエヴァ編纂)
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第17番 op.31-2「テンペスト」
S.ラフマニノフ:
前奏曲 嬰ハ短調 op.3-2
M.ムソルグスキー:
展覧会の絵

〈アンコール〉
P.チャイコフスキー:
「四季」op.37bより 6月“舟歌”
J-F.ラモー:
クラヴサン曲集より “一つ目の巨人”
J.S.バッハ=M.ヘス:
「主よ、人の望みの喜びよ」(カンタータBWV147 より)


20210221_01.jpg


20210221_02.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| その他