2020年10月30日

【終了御礼】スピリチュアルな体験。

去る10月18日、静岡市研屋町の顕光院にて、ピアノリサイタルを開催させていただきまし
た。

新型ウィルスによる社会の混乱がまだまだ収まらない状況下ではありますが、60名ほど
のお客様がご来場くださり、私自身、石床のご本堂に響き渡るピアノの音色を心ゆくまで
堪能しながら、演奏させていただきました。
演奏の場をご提供くださったご住職の木村文輝様を始めとしまして、今回この演奏会に
関わってくださった全ての方々に、心より御礼申し上げます。

“ステージで演奏する時、貴方は神と対話するのですよ”
昔、私の恩師がそうおっしゃった事がありました。

一音の響きの中に、私たちは何を聴くのか?
何を感じ取るのか?
自ら奏でる音にじっと耳を傾ける時間は非日常であり、何か特別な……スピリチュアルな
体験であると感じずにはいられません。

人々の、心豊かな生活。
私は、音楽がその一助になるならば、この先も一心に演奏を続けていきたいと思ってい
ます。
どうぞ明日が良い日でありますように。

吉永哲道

令和2年 顕光院 秋の本堂コンサート
ピアノの音色に誘われて 〜吉永哲道 独奏会〜

〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
F.ショパン:
ノクターン 嬰ハ短調 遺作
J-F.ラモー:
クラヴサン曲集より
“ミューズたちの対話”
“いたずら好き”
“一つ目の巨人”
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第8番 op.13「悲愴」
M.ムソルグスキー:
展覧会の絵

〈アンコール〉
P.チャイコフスキー:
「四季」op.37bより 3月“ひばりの歌”
E.グラナドス:
スペイン舞曲集より アンダルーサ


20201018_01.jpg


20201018_02.jpg


20201018_03.jpg


20201018_04.jpg
posted by tetsumichi at 11:00| その他

2020年09月11日

33.私の母。

先々月、7月末に、母が75歳で亡くなりました。

このブログでは、これまで音楽以外のプライヴェートにまつわる話題は書いてきていませんが、私のこれまでの音楽人生は母の存在なしでは考えられず、少しだけ、母の事を綴りたいと思います。


母は看護師として働いていましたが、1978年11月に私が生まれた後数年間、仕事を離れていました。
母に音楽を専門的に勉強した経験は全くありませんが、この離職していた数年間は私のピアノの練習に付きっきりで、それは厳しく、度々喧嘩をしていた記憶があります。母は若い頃から、自分の意志と行動で人生を切り開いてきた人でした。だから、中途半端な事は許せなかったのでしょう。

そんな子供時代を過ごしながらも、私は根っからの母親っ子でした。

東京の音楽大学に進学した時。
私が東京に引っ越して間も無く、入学式に出る為に母が上京してくれました。一人暮らしを始めたマンションで、母が作ってくれたポテトサラダをたらふく食べた事。
母が愛知に帰る日、記憶違いでなければ……新宿駅で中央線に乗り換え、東京駅まで見送りに行きました。東京駅構内の売店で母が、「家で食べなさい」と芋羊羹を買ってくれた事。新幹線の改札を通り抜け遠くなっていく母の姿を見ながら心細くなった感情を、おぼろげながら覚えています。

モスクワに留学していた間も、夏休みで帰国して練習をしていると、部屋の引き戸を開け口出しをしてくる事がしばしば。全く見当外れの意見ならば私も聞き流せたのですが、これがまた妙に的を射ていたりするものですから癪に触り、口答えをしてしまったものです。

元気だった頃の母は、私の帰国後、名古屋及び近郊での演奏会や講座には毎回足を運んでくれました。
演奏会前で実家にいる時には、必ず、母に演奏を聴いてもらいました。
ただし、「ただ聴いてくれるだけでいいからね。余計な事は言わないで。」と一言釘を打って。

私にとって一番の理解者だった母。

私は、来世で「精一杯仕事をしてきました」と胸を張って母に会えるよう、今後の人生を真摯に歩んで行きたいと思っています。


生んでくれてありがとう。
育ててくれてありがとう。
僕に、音楽の道を開いてくれてありがとう。

母に、心から感謝します。


20200911.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| その他

2020年09月03日

【終了御礼】炎のベートーヴェン。

8月16日(日)、名古屋は宗次ホールにて、今年で8回目となる黒岩悠さんとのデュオコンサート(ソロ&2台ピアノ)を開催致しました。

宗次ホールはコロナウィルス感染防止対策の一環として入場者数を310席の約半分、150席に限定して公演を行ってくださっていますが、当日は130名程のお客様がご来場下さり、ただただ、感謝の想いで演奏させていただきました。

私は、クラシック音楽が何か特別な力を持っているとは思っていません。
ですが、人がそこに何かを求めるならば、その時、音楽は私たちの心と生活を満たし、良い未来へと向かわんとする原動力になると信じています。
苦悩を通り歓喜へ。
ベートーヴェンはまさに、生涯を音楽に捧げそれを成し遂げた人物でした。

宗次ホールのスタッフの皆様、そしてご来場下さった皆様に、重ねまして心より御礼申し上げます。
どうぞ、明日が良い日でありますように。
吉永哲道



ベートーヴェン生誕250周年
黒岩悠×吉永哲道
悲愴!熱情!運命!!
炎のベートーヴェン


〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
[吉永ソロ]
ピアノソナタ第8番ハ短調 op.13「悲愴」
[黒岩ソロ]
ピアノソナタ第23番 op.57「熱情」
[2台ピアノ]
交響曲第5番 op.67「運命」
*ウルリッヒ編曲の連弾版を2台ピアノで演奏。

〈アンコール〉
J.S.バッハ=M.ヘス:
主よ、人の望みの喜びよ



2020081601.jpg

2020081602.jpg
posted by tetsumichi at 07:00| その他

2020年08月13日

【終了御礼】「生きた音楽」の復帰。

8月10日(月・祝)、立川市はカンマーザールでのコンサートを、盛況の内に終える事ができました。

会場はNPOの方々が万全の感染予防対策を講じて下さっており、お客様と私たち演奏者双方が、心置きなく音楽を楽しめる時間となりました。

作曲家、演奏家、そして聴衆。
この三者の繋がりによって初めて実現し得る、「生きた音楽」があります。

日々音楽活動の為に戦い、この様な場を提供して下さる「認定NPO法人 おんがくの共同作業場」の皆様、そしてコンサートにお運び下さったお客様に、深く、深く御礼申し上げます。

吉永哲道


郡司博の仲間たち
カンマーザールサロンコンサート in 2020 summer

〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)
ゲスト
森松炎山(オーボエ)

〈プログラム〉
◆ピアノ独奏:吉永哲道
J.S.バッハ=M.ヘス:
「主よ、人の望みの喜びよ」(カンタータBWV147 より)
J.S.バッハ:
平均律クラヴィーア曲集第1巻より プレリュードとフーガ ハ長調BWV846
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第8番ハ短調 op.13「悲愴」

◆オーボエソロ:森松炎山/ピアノ:吉永哲道
C.サン=サーンス:
オーボエソナタ ニ長調 op.166

◆バス独唱:渡部智也/ピアノ:吉永哲道
A.ダルゴムィシスキー:
「愛している、美しい人よ」
「東方のロマンス」
「庭園」
「結婚」

〈アンコール〉
◆バス独唱:渡部智也/ピアノ:吉永哲道
「ピアノのレッスン」
*D.チマローザのオペラ「宮廷楽士長」を渡部が改編。
◆ピアノ独奏:吉永哲道
F.ショパン:
Lento con gran espressione(ノクターン嬰ハ短調 遺作)


image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg
posted by tetsumichi at 11:00| その他

2020年02月29日

【終了報告】モスクワ公演 其の三〈異文化が出会う場所〉

「トモヤ!テツミチ!」
日本から約10時間のフライトで、ロシアはシェレメチェボ空港へ降り立った私と渡部智也さんを明るい口調と笑顔で迎えてくれたのは、久しぶりの再会となったバヤーン奏者のジェーニャさん(ジェーニャはエフゲニーの愛称)。
再会の挨拶を交わすも束の間、車で出迎えに来て下さったジェーニャさんの運転で、モスクワ市内のホテルへ。車内での弾む会話と、留学生活ですっかり記憶に刻まれた車窓を流れる風景に、フライトの疲れは次第に心地よさへと変わっていきます……。

こうして始まった今回のモスクワの旅。幸いな事に、3回のコンサートはいずれも、お客様や各会場の関係者の方々から大変なご好評をいただきました。

改めて、強く思った事があります。

音楽は人に何をもたらすのか?
何故、私は音楽に惹かれてやまないのか?
世界に音楽が存在する意義とは……?

お客様から、拍手とともにいただいた「スパシーバ!」のかけ声。
あるロシア人女性は、「遠い日本から来て下さり、演奏して下さった事に本当に感激しています。ありがとう!」とおっしゃって下さりました。

海外で演奏すると、身をもって気付くのです。
演奏において最も大切なのは、異文化への理解と敬意、そしてそれを共有したいという想いなのだと。その想いがあってこそ、初めて音楽は人と人との血の通った心の交流になり得る。

音楽は、きっと、人種や国籍を超えた相互理解を人間が忘れないために存在するのでしょう。それを、今後の自身の音楽人生において守っていきたいと、私は思うのです。

今回の旅を支えて下さった方々。そして、新たに出会った方々。
全ての方々への感謝を込めて。

20200229_001.jpg


20200229_002.jpg


20200229_003.jpg


20200229_004.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| その他