2020年02月02日

【演奏会情報】モスクワ公演

モスクワで演奏してきます。

2015年1月に亡くなられた恩師ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生を偲んで、“モスクワで先生の為に弾きたい。自分はそれをしなければならない”という、使命感(大袈裟ですが)にも似た想いが、ずっと自分の中のありました。
今回、それが実現できる事を嬉しく思っています。

今の私の演奏が、先生の御心に適う事を願いつつ。

吉永哲道


〈2020年モスクワ公演〉
◆リサイタル
2月8日(土)
スクリャービン博物館、モスクワ
《Музыкальное приношение В.В.Горностаевой》
(ヴェーラ・ヴァシリーヴナ・ゴルノスターエヴァへの音楽の贈り物)
吉永哲道(ピアノ)
《Дуновение в новую эру》
(新しい時代への息吹)
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

◆ジョイントコンサート
〜ロシア民族楽器奏者と共に〜
2月9日(日)
星の街
2月10日(月)
グネーシン音楽大学、モスクワ

8 февраля в Музей Скрябина приглашают слушателей японские музыканты Тэцумичи Ёсинага (фортепиано) и Томоя Ватанабэ (бас).

1-е отделение концерта Тэцумичи Ёсинага посвятил памяти своего педагога Веры Васильевны Горностаевой. Пианист окончил Московскую государственную консерваторию имени П.И. Чайковского и аспирантуру МГК. Во время обучения в Москве учился у Максима Филиппова, Дарьи Петровой, Веры Горностаевой. Тэцумичи Ёсинага – лауреат нескольких международных конкурсов. В исполнении японского пианиста прозвучат произведения А.Н. Скрябина, И.С. Баха, Ф. Шуберта, Ф. Листа.

2-е отделение концерта Томоя Ватанабэ назвал ≪Дуновение в новую эру≫.
Он окончил ≪Kunitachi College of  Music≫, и аспирантуру (вокальный факультет) ≪Musashino Academia Musicae≫. После этого продолжил обучение в Московской государственной консерватории. Томоя Ватанабэ – лауреат нескольких международных конкурсов. В исполнении музыкантов прозвучат песни Дмитрия Шостаковича, Георгия Свиридова и японские песни.

Концерт включен в программу ≪Года японо-российских межрегиональных и побратимских обменов≫.
(スクリャービン博物館ウェブサイトより)

IMG_4006.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年12月26日

【演奏会情報】第6回 渡部智也 バス・リサイタル 〜新しい時代への息吹〜

ロシアの声楽曲をライフワークとする、渡部智也氏の第6回バス・リサイタル。
今回は、ゲオルギー・スヴィリドフ(1915〜1998)の作品、《バーンズの詩による歌曲集》全曲演奏に挑みます。

20世紀ソヴィエト時代を代表する作曲家の1人として、本国で高い評価と人気を誇るスヴィリドフですが、私自身、モスクワに留学するまでこの作曲家の事を全く知りませんでした。
その音楽の特徴を一言で申し上げるならば、“峻厳さ”でしょうか。
ロマン派音楽とは全く異なる、厳しさの中で息づく叙情性。
真冬の張り詰めた冷気の如き、純粋さ。
頑強なリズムに支えられ邁進する音楽が放つ、不屈のエネルギー。

輝かしい作曲家の個性を、年を追うごとに益々声の伸びと深みを増していく渡部氏の素晴らしい歌唱によって多くの方に知っていただける機会となれば、伴奏者と致しましても大変嬉しく存じます。
是非ご来場下さい。
吉永哲道


第6回 渡部智也 バス・リサイタル
〜新しい時代への息吹〜

〈日時〉
2020年1月13日(月・祝) 14:00開演(13:30開場)
〈会場〉
日比谷スタインウェイサロン東京  松尾ホール
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
D.ショスタコーヴィチ:
ドルマトーフスキーの詩による5つの歌曲より
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
G.スヴィリドフ:
モスクワの朝
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集より全9曲
(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)

*曲目、曲順は変更になる場合がございます


〈入場料〉
全席自由 2,000円
〈主催〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
〈制作協力〉
認定NPOおんがくの共同作業場
〈チケット取扱い〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
e-mail:mv-pro@live.jp
認定NPOおんがくの共同作業場
http://www.gmaweb.net/npo/
TEL:042-522-3943


20200113.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年12月23日

【演奏会情報】
カンマーザールサロンコンサート 第6回 渡部智也 バス・リサイタル 〜新しい時代への息吹〜

私の車のオーディオは、渡部智也のコンサートのCDです。それを聴きながら運転。辛辣な批判も時にする。ただ、何十年も歌うことをやめてしまった私にとって、彼の低音の美声は最高の癒しである、それも聞くたび充実している。結婚して最高の伴侶を得た彼の歌が、どう変わっていくか楽しみ。新妻のためにも歌うのだから。
指揮・合唱指揮 郡司博


カンマーザールサロンコンサート
第6回 渡部智也 バス・リサイタル
〜新しい時代への息吹〜
スヴィリドフ作曲 バーンズの詩による歌曲集 全曲演奏

〈日時〉
2020年1月10日(金) 14:00開演(13:20開場)
〈会場〉
カンマーザール in 立川
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)


〈曲目〉
D.ショスタコーヴィチ:
ドルマトーフスキーの詩による5つの歌曲より
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
G.スヴィリドフ:
モスクワの朝
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集
(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)

*曲目、曲順は変更になる場合がございます


13:30〜13:45 プレ・コンサート
白川媛葉(ピアノ)
J.S.バッハ:
トッカータ ハ短調 BWV911


〈入場料〉
全自由席 2,000円
コーヒー、紅茶、プレゼントつき
〈チケットお問い合わせ〉
カンマーザール
TEL:042-522-3931

20200110.jpg

 
 
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年11月04日

【演奏会情報】吉永哲道ピアノリサイタル 〜J.S.バッハへの旅 vol.1(2019)〜

オールバッハ作品によるリサイタルのプログラムをあれこれと思案していた折、長年の友人であるバス歌手の渡部智也氏から、バスの為のカンタータ「われは満ちたれり」の存在を教えられました。

“われは満ちたれり”の言葉に始まる、現世から永遠の安らぎである死へと、満足と喜びの念で去りゆくシメオンの心情を歌い上げるアリア。
バスの温もりと深みある声色によって紡がれていくバロック音楽特有の熱を帯びた旋律は、瞬く間に私を虜にし、カンマーザールの公演で渡部氏に歌っていただく事を思いつきました。今回は冒頭のアリア一曲のみですが、ゆくゆくは全曲を演奏会で取り上げたいと思っています。近年益々成熟へと向かい、表現の幅と深みを増している渡部氏の独唱に、どうぞご期待下さい。

ソロに関しましては、インヴェンション全15曲の演奏が今回の最もエキサイティングな挑戦です。
クラヴィーアを正しく音楽的に演奏する為の練習曲、作曲技法の指南として創作されたこの曲集を、どれだけ芸術作品として響かせる事ができるのか。
心を尽くします。
どうぞお聴きいただければ幸いです。
吉永哲道


カンマーザールサロンコンサート
吉永哲道ピアノリサイタル
〜J.S.バッハへの旅 vol.1(2019)〜

〈日時〉
2019年11月22日(金) 14:00開演(13:30開場)
〈会場〉
カンマーザール in 立川
〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)
ゲスト
井馬佐紀子(フルート)
渡部智也(バス)

〈曲目〉
J.S.バッハ:
最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ 変ロ長調 BWV992
インヴェンション BWV772-786 全15曲
カンタータBWV82 「われは満ちたれり」より
*バス独唱/渡部智也、フルート/井馬佐紀子
フランス風序曲 ロ短調 BWV831

*曲目は都合により変更になる場合があります。


〈入場料〉
全自由席 2,000円
コーヒー、紅茶、プレゼントつき
〈主催〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
〈後援〉
認定NPO法人おんがくの共同作業場
〈チケットお問い合わせ〉
カンマーザール
TEL:042-522-3931


20191122l.jpg
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年10月01日

【講座情報】全音×カワイ コラボ企画 日本発、未来へ 心に響くピアノレパートリーを レクチャーコンサートVol.9

子どもの小さな手でも無理なく弾ける曲から、中上級の方々までご満足いただける楽曲をラインナップ。心洗われる旋律、懐かしいような、切ないような、温かいような気持ちになるピアノの音色…。日本人作曲家の作品には、今を生きる私たちの心に響くリズムやハーモニーが、たくさん盛り込まれています。モデルピアニストの演奏とともに、作曲家や各曲の作風といった興味深い解説をお届けいたします。発表会などの新しいレパートリー発掘にも是非ご活用ください。

〈日時〉
2019年10月23日(水)10:00〜12:00
〈会場〉
カワイ名古屋2F コンサートサロン「ブーレ」
〈出演〉
土橋礼佳(解説)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
春畑セロリ:「ポポリラ・ポポトリンカの約束」より
1.ソーダ色の絵はがき 2.夢幻∞美術館
後藤丹:「風透る街に」より
3.出さなかった絵はがき 4.谷川の散歩道 5.三毛猫カフェにて
6.森の教会
尾高惇忠:「音の海から」より
7.お洒落なパリジェンヌ
青島広志:「もしかしてグリム」より
8.野ばらの子守歌 ーいばら姫ー
9.諸国遍歴のフーガ ー二人兄弟ー
10.途切れたセレナーデ ーラプンツェルー
香月修:「ツグミの森の物語」より
11.小鳥の水遊び 12.フォルラーヌ 13.森のバレリーナ
14.妖精のメヌエット
三善晃:「赤毛のアン」より
15.きこえるかしら 16.ひとりぼっちで 17.さめない夢
三善晃:「音の森」より
18.おやすみ 19.そよかぜのおどり 20.葉っぱの小舟
21.ファのパヴァーヌ
千原英喜:「星月夜」より
22.思い出のワルツェリーノ 23.瑠璃色のワルツェット
24.夕暮れ時は逢魔が時 25.街を気どって歩こう
26.チェンジング・ワールド


〈料金〉
2,500円(税込)
〈お問い合わせ〉
カワイ名古屋
http://shop.kawai.jp/nagoya/
TEL:052-962-3939
FAX:052-972-6427

20191023.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報