2019年01月17日

【演奏会情報】第5回渡部智也バス・リサイタル 〜グリンカから国民楽派へ〜

今回のプログラムで注目すべきは、グリンカの歌曲集「ペテルブルクの別れ」全曲演奏。
私は、渡部智也さんがこの歌曲集全体の研究におよそ1年を費やし、歌い込んでいく過程を共にしてきましたが、その作品への並々ならぬ想いと情熱は、必ずや優れた歌唱となり会場の皆様に深い感動をもたらすと信じています。
彼の果敢なる挑戦を(私が申し上げるのも生意気ですが)、どうぞお聴き下さい。
お運びいただければ大変嬉しく思います。
吉永哲道


第5回渡部智也バス・リサイタル
〜グリンカから国民楽派へ〜

〈日時〉
2018年2月4日(月) 18時30分開演(18時開場)
〈会場〉
日比谷スタインウェイサロン東京 松尾ホール
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)
〈曲目〉
A.ダルゴムィシスキー:
夜のそよ風、私は悲しい、九等官、ボレロ
A.ボロディン:
遠い祖国の岸辺を求めて
M.バラキレフ:
歌うな、美しい人よ、私の前で
M.ムソルグスキー:
神学生
M.グリンカ:
歌曲集「ペテルブルクの別れ」全12曲


(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)

〈入場料〉
全席自由 2,000円
〈主催〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
〈製作協力〉
認定NPOおんがくの共同作業場
〈チケット取扱い〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
e-mail:mv-pro@live.jp
おんがくの共同作業場
http://www.gmaweb.net/npo/
Tel:042-522-3943


2019-02-04.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年01月11日

【演奏会情報】カンマーザールサロンコンサート 第5回バス・リサイタル 渡部智也 〜グリンカからロシア国民楽派へ〜

《私は、渡部智也は未完の大器だとおもっている。演奏される機会のないロシヤ国民楽派の作品とそれらにつながる作品を世に送り出そうと格闘している。その成果は自身の声楽家としての評価となってくるから責任は重い。先日感動したのは、日本民話を素材としたオペラをきいたときだ。半纏とチョビ髭とわらぞうりのちょっと間抜けなお百姓さんを演じたがピッタリハマっていた。その時の日本語の美しさに仰天!ロシア音楽との出会いが「日本民話オペラ」に繋がってくる。いつかその時、かれの仕事は新たに始まるのかもしれないと。》
指揮・合唱指揮 郡司博


カンマーザールサロンコンサート 第5回バス・リサイタル 渡部智也
〜グリンカからロシア国民楽派へ〜
歌曲集「ペテルブルクの別れ」全曲演奏

〈日時〉
2019年1月25日(金) 14:00開演(13:20開場)
〈会場〉
カンマーザール in 立川
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
A.ダルゴムィシスキー:
夜のそよ風、私は悲しい、九等官、ボレロ
A.ボロディン:
遠い祖国の岸辺を求めて
M.バラキレフ:
歌うな、美しい人よ、私の前で
M.ムソルグスキー:
神学生
M.グリンカ:
歌曲集「ペテルブルクの別れ」全12曲
ロマンス、ヘブライの歌、ボレロ、
カヴァチーナ、子守歌、旅の歌、
ファンタジア、バルカローラ、騎士の歌、
雲雀、モリーに、別れの歌

*曲目、曲順は変更になる場合がございます


13:30〜13:45 プレコンサート
白川媛葉(ピアノ)

<入場料>
全自由席 2,000円
コーヒー、紅茶、プレゼントつき

<チケットお問い合わせ>
カンマーザール
Tel:042-522-3931


02ac647a9178187db394dabea67fbe61 1.jpg
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2018年11月22日

【演奏会情報】大村博美ソプラノリサイタル

大村博美さんとのご縁に恵まれた事は、私の音楽人生における大きな出来事の一つです。伴奏を務めますのは今回の公演で3度目となりますが、その歌声を拝聴する度に、“世界に通用する声、音楽とはこういうものなのだ”と、感嘆とともに畏れに似た感情をも抱かずにはいられません。
それは、超一流の演奏家だけが持ち得る、心技を極めた凄み。
是非多くの方々にお聴き頂ければと願っております。
吉永哲道


大村博美ソプラノリサイタル

〈日時〉
2018年12月18日(火) 18:30開演(18:00開場)
〈会場〉
和光大学ポプリホール鶴川
*小田急線鶴川駅「北口」から徒歩3分
〈出演〉
大村博美(ソプラノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
G.ヴェルディ:
オペラ「運命に力」より
“あわれみの聖母”、“神よ平和を与えたまえ”
U.ジョルダーノ:
オペラ「アンドレア・シェニエ」より
“亡くなった母”


〈入場料〉
4,000円(全席自由)
〈主催・お問い合わせ〉
村松  070-6463-7576
〈チケット取り扱い〉
町田市民ホール  Tel:042-728-4300(電話・窓口)
和光大学ポプリホール鶴川(窓口)
チケットぴあ  Tel:0570-02-9999(Pコード:133-277)
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1851154


20181218b.jpg
posted by tetsumichi at 13:00| 演奏会情報

2018年11月16日

【演奏会情報】愛知ロシア音楽研究会 第9回演奏会  リムスキー=コルサコフとペテルブルグの人たち

愛知ロシア音楽研究会 第9回演奏会
リムスキー=コルサコフとペテルブルグの人たち
リムスキー=コルサコフ没後110年記念
Римский-Корсаков и композиторы из Санкт-Петербурга

第9回となります愛知ロシア音楽研究会演奏会。
今回はリムスキー=コルサコフの没後110年を記念し、彼とペテルブルグにゆかりのある作曲家の作品が取り上げられます。
リムスキー=コルサコフの歌曲やピアノの小品等を通して、皆様に彼の音楽の魅力をご堪能頂けますように。
是非ご来場頂ければ嬉しく思います。
(私はグリンカのピアノソロの小品を2曲と、「リムスキー=コルサコフ編100のロシア民謡」の伴奏で出演致します。)
吉永哲道


〈日時〉
2018年12月7日(金) 18:30開演(18:00開場)
〈会場〉
ザ コンサートホール 名古屋・伏見 電気文化会館
〈出演〉
筧真美子、川畑久子、金原聡子(ソプラノ)
筧聰子、木村洋子(メゾソプラノ)
佐藤恵子、山下勝、吉永哲道、渡辺理恵子(ピアノ)
江頭摩耶(ヴァイオリン)
野村友紀(チェロ)
〈監修〉
安原雅之
〈企画・構成〉
筧聰子、相羽良美

〈曲目〉
別れ(ノクターン)  グリンカ …………吉永
「夜鳴きうぐいす」の主題による変奏曲(アリャビエフ原曲)  グリンカ

ズライカの歌 op.26-3  リムスキー=コルサコフ …………木村、山下
色褪せたばら色に遠く西空はくれゆき op.39-2
ヘブライの歌 op.7-2

私の涙からは op.2-4  リムスキー=コルサコフ …………川畑、渡辺
美しい女よ私に前で歌うな
「子供部屋」より 木馬で  ムソルグスキー

4つの小品 op.11  リムスキー=コルサコフ …………渡辺
1.即興曲  2.ノヴェレッテ  3.スケルツィーノ  4.練習曲

高みから吹く風のように op.43-2  リムスキー=コルサコフ…………筧(真)、佐藤
雲雀の歌は高らかに op.43-1
たなびき流れる雲はまばらになり op.42-3

3つの小品 op.15  リムスキー=コルサコフ…………山下
1.ワルツ  2.ロマンス  3.フーガ

「リムスキー=コルサコフ編100のロシア民謡」 op.24より
…………筧(真)、川畑、金原、筧(聰)、木村、吉永

「リムスキー=コルサコフ編100のロシア民謡」 op.24より
No.14、No.11  シチェドリン …………野村、渡辺
セレナーデ(チェロと弦楽のための) op.37  リムスキー=コルサコフ

暗い茂みで夜鶯は静まり op.4-3  リムスキー=コルサコフ …………金原、山下
静かに夕べは暮れゆき op.4-4
薔薇に夜鶯は魅せられ op.2-2

間奏曲  キュイ …………佐藤

「海辺にて」 op.46より  リムスキー=コルサコフ…………筧(聰)、山下
波は砕け、打ち寄せしぶきをあげる op.46-1
海は泡立たず、波は打ち寄せず op.46-2
揺れる海:波から波へ op.46-3
波は立ち昇り op.46-5

ロシアの主題による演奏会用幻想曲 op.33  リムスキー=コルサコフ
…………江頭、山下

〈入場料〉
3,000円(全席自由)
〈主催〉
愛知ロシア音楽研究会
〈後援〉
日本・ロシア音楽家協会

〈チケット取り扱い〉
愛知芸術文化センターPG
 Tel:052-972-0430
ミューズ音楽館
 Tel:052-910-6700
栄プレチケ 92
 Tel:052-953-0777

20181207A.jpg


20181207B.jpg

posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2018年11月13日

【演奏会情報】顕光院  秋の本堂コンサート  こんちぇるてっくなお寺の夕べ vol.3

2016年6月に行いました静岡市は顕光院本堂でのアンサンブルコンサート、「こんちぇるてっくなお寺の夕べ vol.2」には、110名余りのお客様がご来場下さりました。多く方にご好評頂きましたこのコンサートを、今回再び、同じメンバーで集まり開催させて頂きます。
使用するピアノは前回同様、本堂に所蔵されている1910年から1911年の間に製造されたロンドンのバーネット・サミュエル・アンド・サンズ社のアップライトピアノ。
100年前の音色とともに、私たちのアンサンブルをお楽しみ頂ければ大変嬉しく思います。
お聴き下さる皆様との一期一会の機会となりますよう、一同心を込めて演奏致します。
吉永哲道


顕光院  秋の本堂コンサート
こんちぇるてっくなお寺の夕べ vol.3

〈日時〉
2018年11月30日(金)19:00開演(18:30開場)
〈会場〉
曹洞宗 顕光院 本堂
静岡市葵区研屋町45
〈出演〉
森谷佳奈(チェロ)
高田龍一(編曲・ヴァイオリン)
吉永哲道(ピアノ)
山本彩子(メゾソプラノ)
〈曲目〉
山本耕作:この道
P.チャイコフスキー:「四季」op.37bより 10月“秋の歌”
J.ブラームス:チェロソナタ第1番op.00より 第1楽章
The Beatles:yesterday
W.ゴメス:アヴェ・マリア ほか

〈入場料〉
一般  前売 2,500円  当日 2,800円
高校生・大学生  前売・当日 1,000円
中学生以下  無料
(全自由席)
〈主催〉
曹洞宗顕光院
〈協力〉
トラディショナルサウンド、工房ピアピット
〈お問い合わせ〉
お問い合わせ・チケット購入は顕光院へ
TEL:054-252-1337
http://www.shizuoka-kenkouin.com

20181130A.jpg


20181130B.jpg
posted by tetsumichi at 10:00| 演奏会情報