2020年03月30日

【演奏会情報】ピアノリサイタル(2020年7月13日)チケット取扱い開始のお知らせ。

《モスクワで開かれた吉永氏のコンサートを聴かせていただきました。会場は満席。吉永氏の演奏が始まるや否や、観客たちはその洗練された音に衝撃を覚え、まるで身動きが取れなくなったかのようでした。正直で純粋かつ崇高な音に、涙があふれてきました。一つ一つの音が、吉永氏の思いを語っていました。ロシア人の観客たちも、吉永氏の持つ圧倒的な音楽の力に感動していました。客席からは称賛する「ブラボー」の声が飛び交いました。そして次第にそれは「スパシーバ(ありがとう)」という感謝の言葉に変わりました。ロシア人たちは、全身が震えるほどの演奏と、吉永氏のロシア音楽への愛に対して感謝したかったのではないでしょうか。コンサートの題名は「日本から愛を込めて」。また吉永氏個人の想いとして「ヴェーラ・ヴァシーリェヴナ・ゴルノスターエヴァ先生への音楽の贈り物」と言うサブタイトルが掲げられていました。吉永氏はロシアの人たちに、確かに「愛」を届けました。日本人として心から誇りに思いました。
音楽を通して愛を届けてくれた吉永氏に、心から感謝いたします。》
 
ロシア国営メディアグループ「ロシア・セヴォードニャ」 の通信社「スプートニク」アナウンサー、記者
後閑理恵
(2020年2月8日、モスクワ、スクリャービン博物館で開催されたリサイタルの批評)


チケットの取扱いを開始致しました。

音楽は響きの芸術である事。
私が今尚響きにこだわらずにいられないのは、まだ幼かった10代の私に対して、ヴェーラ先生がその価値と重要性を刷り込む事に一切の妥協をなさらず、多大な情熱を注いで下さったからこそと思っています。
言葉では言い尽くせない先生への感謝を、音楽に託し演奏致します。
どうぞ、お運びいただければ幸いです。
吉永哲道


《Музыкальное приношение В.В.Горностаевой》
〜ヴェーラ・ヴァシーリェヴナ・ゴルノスターエヴァ先生への音楽の贈り物〜
吉永哲道 ピアノリサイタル

〈日時〉
2020年7月13日(月) 18:45開演(18:15開場)
〈会場〉
紀尾井町サロンホール
〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
S.ラフマニノフ:
前奏曲嬰ハ短調 op.3-2(通称「鐘」)
P.チャイコフスキー:
「四季」op.37bより
5月 “白夜”
6月 “舟歌”
8月 “収穫”
9月 “狩り”
10月 “秋の歌”
D.ショスタコーヴィチ:
24のプレリュードとフーガ op.87より
第24番 ニ短調
F.シューベルト:
楽興の時 D.780
F.リスト:
ハンガリー狂詩曲第10番 ホ長調 “前奏曲”

〈入場料〉
3500円 全席自由
〈主催〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
〈後援〉
愛知ロシア音楽研究会、株式会社ヤマハミュージックジャパン、認定NPOおんがくの共同作業場
〈チケットお問い合わせ〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
メール:mv-pro@live.jp
認定NPOおんがくの共同作業場
TEL:042-522-3943
http://www.gmaweb.net/npo/


202006吉永リサイタル01.jpg


202006吉永リサイタル裏03.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2020年03月13日

ピアノリサイタルのお知らせ。

先月モスクワで行って参りました、恩師ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生を偲ぶリサイタ
ルを、東京でも実施する運びとなりました。

プログラムの前半は、先生の母国であるロシア(旧ソヴィエト)の作曲家より。
ラフマニノフのプレリュードは、私が小学6年生の時に、初めて先生にレッスンしていただ
いたロシアの作品です。
後半は、モスクワ留学時代にシューベルトの作品が集められた先生のCDを聴き、その素
晴らしさに心奪われ、すぐさま譜読みをしてレッスンを受けた楽興の時、そして、先生が
お好きだったリストのハンガリー狂詩曲第10番を演奏します(私は高校生の時に、先生か
らこの曲を教えていただきました)。

是非、多くの方にお聴きいただければ嬉しく思います。

詳細な情報の掲載、チケットの販売開始は3月末頃を予定しております。
引き続きHP、ブログ及びFBにて告知して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
吉永哲道


《Музыкальное приношение
В.В.Горностаевой》
〜ヴェーラ・ヴァシーリェヴナ・ゴルノスターエヴァ先生への音楽の贈り物〜

吉永哲道 ピアノリサイタル

〈日時〉
2020年7月13日(月) 18:45開演(18:15開場)
〈会場〉
紀尾井町サロンホール
〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
[前半]
◆S.ラフマニノフ:
前奏曲嬰ハ短調 op.3-2
◆P.チャイコフスキー:
「四季」op.37bより
6月 “舟歌” 他
◆D.ショスタコーヴィチ:
24のプレリュードとフーガ op.87より
第24番 ニ短調
◆F.シューベルト:
楽興の時 D.780
◆F.リスト:
ハンガリー狂詩曲第10番 ホ長調 “前奏曲”


image001.jpg
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2020年02月02日

【演奏会情報】モスクワ公演

モスクワで演奏してきます。

2015年1月に亡くなられた恩師ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生を偲んで、“モスクワで先生の為に弾きたい。自分はそれをしなければならない”という、使命感(大袈裟ですが)にも似た想いが、ずっと自分の中のありました。
今回、それが実現できる事を嬉しく思っています。

今の私の演奏が、先生の御心に適う事を願いつつ。

吉永哲道


〈2020年モスクワ公演〉
◆リサイタル
2月8日(土)
スクリャービン博物館、モスクワ
《Музыкальное приношение В.В.Горностаевой》
(ヴェーラ・ヴァシリーヴナ・ゴルノスターエヴァへの音楽の贈り物)
吉永哲道(ピアノ)
《Дуновение в новую эру》
(新しい時代への息吹)
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

◆ジョイントコンサート
〜ロシア民族楽器奏者と共に〜
2月9日(日)
星の街
2月10日(月)
グネーシン音楽大学、モスクワ

8 февраля в Музей Скрябина приглашают слушателей японские музыканты Тэцумичи Ёсинага (фортепиано) и Томоя Ватанабэ (бас).

1-е отделение концерта Тэцумичи Ёсинага посвятил памяти своего педагога Веры Васильевны Горностаевой. Пианист окончил Московскую государственную консерваторию имени П.И. Чайковского и аспирантуру МГК. Во время обучения в Москве учился у Максима Филиппова, Дарьи Петровой, Веры Горностаевой. Тэцумичи Ёсинага – лауреат нескольких международных конкурсов. В исполнении японского пианиста прозвучат произведения А.Н. Скрябина, И.С. Баха, Ф. Шуберта, Ф. Листа.

2-е отделение концерта Томоя Ватанабэ назвал ≪Дуновение в новую эру≫.
Он окончил ≪Kunitachi College of  Music≫, и аспирантуру (вокальный факультет) ≪Musashino Academia Musicae≫. После этого продолжил обучение в Московской государственной консерватории. Томоя Ватанабэ – лауреат нескольких международных конкурсов. В исполнении музыкантов прозвучат песни Дмитрия Шостаковича, Георгия Свиридова и японские песни.

Концерт включен в программу ≪Года японо-российских межрегиональных и побратимских обменов≫.
(スクリャービン博物館ウェブサイトより)

IMG_4006.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年12月26日

【演奏会情報】第6回 渡部智也 バス・リサイタル 〜新しい時代への息吹〜

ロシアの声楽曲をライフワークとする、渡部智也氏の第6回バス・リサイタル。
今回は、ゲオルギー・スヴィリドフ(1915〜1998)の作品、《バーンズの詩による歌曲集》全曲演奏に挑みます。

20世紀ソヴィエト時代を代表する作曲家の1人として、本国で高い評価と人気を誇るスヴィリドフですが、私自身、モスクワに留学するまでこの作曲家の事を全く知りませんでした。
その音楽の特徴を一言で申し上げるならば、“峻厳さ”でしょうか。
ロマン派音楽とは全く異なる、厳しさの中で息づく叙情性。
真冬の張り詰めた冷気の如き、純粋さ。
頑強なリズムに支えられ邁進する音楽が放つ、不屈のエネルギー。

輝かしい作曲家の個性を、年を追うごとに益々声の伸びと深みを増していく渡部氏の素晴らしい歌唱によって多くの方に知っていただける機会となれば、伴奏者と致しましても大変嬉しく存じます。
是非ご来場下さい。
吉永哲道


第6回 渡部智也 バス・リサイタル
〜新しい時代への息吹〜

〈日時〉
2020年1月13日(月・祝) 14:00開演(13:30開場)
〈会場〉
日比谷スタインウェイサロン東京  松尾ホール
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
D.ショスタコーヴィチ:
ドルマトーフスキーの詩による5つの歌曲より
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
G.スヴィリドフ:
モスクワの朝
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集より全9曲
(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)

*曲目、曲順は変更になる場合がございます


〈入場料〉
全席自由 2,000円
〈主催〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
〈制作協力〉
認定NPOおんがくの共同作業場
〈チケット取扱い〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
e-mail:mv-pro@live.jp
認定NPOおんがくの共同作業場
http://www.gmaweb.net/npo/
TEL:042-522-3943


20200113.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報

2019年12月23日

【演奏会情報】
カンマーザールサロンコンサート 第6回 渡部智也 バス・リサイタル 〜新しい時代への息吹〜

私の車のオーディオは、渡部智也のコンサートのCDです。それを聴きながら運転。辛辣な批判も時にする。ただ、何十年も歌うことをやめてしまった私にとって、彼の低音の美声は最高の癒しである、それも聞くたび充実している。結婚して最高の伴侶を得た彼の歌が、どう変わっていくか楽しみ。新妻のためにも歌うのだから。
指揮・合唱指揮 郡司博


カンマーザールサロンコンサート
第6回 渡部智也 バス・リサイタル
〜新しい時代への息吹〜
スヴィリドフ作曲 バーンズの詩による歌曲集 全曲演奏

〈日時〉
2020年1月10日(金) 14:00開演(13:20開場)
〈会場〉
カンマーザール in 立川
〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)


〈曲目〉
D.ショスタコーヴィチ:
ドルマトーフスキーの詩による5つの歌曲より
D.カバレフスキー:
ドン・キホーテのセレナーデ
G.スヴィリドフ:
モスクワの朝
G.スヴィリドフ:
バーンズの詩による歌曲集
(ロシア語歌唱、日本語字幕付き)

*曲目、曲順は変更になる場合がございます


13:30〜13:45 プレ・コンサート
白川媛葉(ピアノ)
J.S.バッハ:
トッカータ ハ短調 BWV911


〈入場料〉
全自由席 2,000円
コーヒー、紅茶、プレゼントつき
〈チケットお問い合わせ〉
カンマーザール
TEL:042-522-3931

20200110.jpg

 
 
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報