2020年09月03日

【終了御礼】炎のベートーヴェン。

8月16日(日)、名古屋は宗次ホールにて、今年で8回目となる黒岩悠さんとのデュオコンサート(ソロ&2台ピアノ)を開催致しました。

宗次ホールはコロナウィルス感染防止対策の一環として入場者数を310席の約半分、150席に限定して公演を行ってくださっていますが、当日は130名程のお客様がご来場下さり、ただただ、感謝の想いで演奏させていただきました。

私は、クラシック音楽が何か特別な力を持っているとは思っていません。
ですが、人がそこに何かを求めるならば、その時、音楽は私たちの心と生活を満たし、良い未来へと向かわんとする原動力になると信じています。
苦悩を通り歓喜へ。
ベートーヴェンはまさに、生涯を音楽に捧げそれを成し遂げた人物でした。

宗次ホールのスタッフの皆様、そしてご来場下さった皆様に、重ねまして心より御礼申し上げます。
どうぞ、明日が良い日でありますように。
吉永哲道



ベートーヴェン生誕250周年
黒岩悠×吉永哲道
悲愴!熱情!運命!!
炎のベートーヴェン


〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
[吉永ソロ]
ピアノソナタ第8番ハ短調 op.13「悲愴」
[黒岩ソロ]
ピアノソナタ第23番 op.57「熱情」
[2台ピアノ]
交響曲第5番 op.67「運命」
*ウルリッヒ編曲の連弾版を2台ピアノで演奏。

〈アンコール〉
J.S.バッハ=M.ヘス:
主よ、人の望みの喜びよ



2020081601.jpg

2020081602.jpg
posted by tetsumichi at 07:00| その他