2020年03月30日

【演奏会情報】ピアノリサイタル(2020年7月13日)チケット取扱い開始のお知らせ。

《モスクワで開かれた吉永氏のコンサートを聴かせていただきました。会場は満席。吉永氏の演奏が始まるや否や、観客たちはその洗練された音に衝撃を覚え、まるで身動きが取れなくなったかのようでした。正直で純粋かつ崇高な音に、涙があふれてきました。一つ一つの音が、吉永氏の思いを語っていました。ロシア人の観客たちも、吉永氏の持つ圧倒的な音楽の力に感動していました。客席からは称賛する「ブラボー」の声が飛び交いました。そして次第にそれは「スパシーバ(ありがとう)」という感謝の言葉に変わりました。ロシア人たちは、全身が震えるほどの演奏と、吉永氏のロシア音楽への愛に対して感謝したかったのではないでしょうか。コンサートの題名は「日本から愛を込めて」。また吉永氏個人の想いとして「ヴェーラ・ヴァシーリェヴナ・ゴルノスターエヴァ先生への音楽の贈り物」と言うサブタイトルが掲げられていました。吉永氏はロシアの人たちに、確かに「愛」を届けました。日本人として心から誇りに思いました。
音楽を通して愛を届けてくれた吉永氏に、心から感謝いたします。》
 
ロシア国営メディアグループ「ロシア・セヴォードニャ」 の通信社「スプートニク」アナウンサー、記者
後閑理恵
(2020年2月8日、モスクワ、スクリャービン博物館で開催されたリサイタルの批評)


チケットの取扱いを開始致しました。

音楽は響きの芸術である事。
私が今尚響きにこだわらずにいられないのは、まだ幼かった10代の私に対して、ヴェーラ先生がその価値と重要性を刷り込む事に一切の妥協をなさらず、多大な情熱を注いで下さったからこそと思っています。
言葉では言い尽くせない先生への感謝を、音楽に託し演奏致します。
どうぞ、お運びいただければ幸いです。
吉永哲道


《Музыкальное приношение В.В.Горностаевой》
〜ヴェーラ・ヴァシーリェヴナ・ゴルノスターエヴァ先生への音楽の贈り物〜
吉永哲道 ピアノリサイタル

〈日時〉
2020年7月13日(月) 18:45開演(18:15開場)
〈会場〉
紀尾井町サロンホール
〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
S.ラフマニノフ:
前奏曲嬰ハ短調 op.3-2(通称「鐘」)
P.チャイコフスキー:
「四季」op.37bより
5月 “白夜”
6月 “舟歌”
8月 “収穫”
9月 “狩り”
10月 “秋の歌”
D.ショスタコーヴィチ:
24のプレリュードとフーガ op.87より
第24番 ニ短調
F.シューベルト:
楽興の時 D.780
F.リスト:
ハンガリー狂詩曲第10番 ホ長調 “前奏曲”

〈入場料〉
3500円 全席自由
〈主催〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
〈後援〉
愛知ロシア音楽研究会、株式会社ヤマハミュージックジャパン、認定NPOおんがくの共同作業場
〈チケットお問い合わせ〉
音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
メール:mv-pro@live.jp
認定NPOおんがくの共同作業場
TEL:042-522-3943
http://www.gmaweb.net/npo/


202006吉永リサイタル01.jpg


202006吉永リサイタル裏03.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| 演奏会情報