2020年02月29日

【終了報告】モスクワ公演 其の三〈異文化が出会う場所〉

「トモヤ!テツミチ!」
日本から約10時間のフライトで、ロシアはシェレメチェボ空港へ降り立った私と渡部智也さんを明るい口調と笑顔で迎えてくれたのは、久しぶりの再会となったバヤーン奏者のジェーニャさん(ジェーニャはエフゲニーの愛称)。
再会の挨拶を交わすも束の間、車で出迎えに来て下さったジェーニャさんの運転で、モスクワ市内のホテルへ。車内での弾む会話と、留学生活ですっかり記憶に刻まれた車窓を流れる風景に、フライトの疲れは次第に心地よさへと変わっていきます……。

こうして始まった今回のモスクワの旅。幸いな事に、3回のコンサートはいずれも、お客様や各会場の関係者の方々から大変なご好評をいただきました。

改めて、強く思った事があります。

音楽は人に何をもたらすのか?
何故、私は音楽に惹かれてやまないのか?
世界に音楽が存在する意義とは……?

お客様から、拍手とともにいただいた「スパシーバ!」のかけ声。
あるロシア人女性は、「遠い日本から来て下さり、演奏して下さった事に本当に感激しています。ありがとう!」とおっしゃって下さりました。

海外で演奏すると、身をもって気付くのです。
演奏において最も大切なのは、異文化への理解と敬意、そしてそれを共有したいという想いなのだと。その想いがあってこそ、初めて音楽は人と人との血の通った心の交流になり得る。

音楽は、きっと、人種や国籍を超えた相互理解を人間が忘れないために存在するのでしょう。それを、今後の自身の音楽人生において守っていきたいと、私は思うのです。

今回の旅を支えて下さった方々。そして、新たに出会った方々。
全ての方々への感謝を込めて。

20200229_001.jpg


20200229_002.jpg


20200229_003.jpg


20200229_004.jpg


posted by tetsumichi at 07:00| その他