2020年08月13日

【終了御礼】「生きた音楽」の復帰。

8月10日(月・祝)、立川市はカンマーザールでのコンサートを、盛況の内に終える事ができました。

会場はNPOの方々が万全の感染予防対策を講じて下さっており、お客様と私たち演奏者双方が、心置きなく音楽を楽しめる時間となりました。

作曲家、演奏家、そして聴衆。
この三者の繋がりによって初めて実現し得る、「生きた音楽」があります。

日々音楽活動の為に戦い、この様な場を提供して下さる「認定NPO法人 おんがくの共同作業場」の皆様、そしてコンサートにお運び下さったお客様に、深く、深く御礼申し上げます。

吉永哲道


郡司博の仲間たち
カンマーザールサロンコンサート in 2020 summer

〈出演〉
渡部智也(バス)
吉永哲道(ピアノ)
ゲスト
森松炎山(オーボエ)

〈プログラム〉
◆ピアノ独奏:吉永哲道
J.S.バッハ=M.ヘス:
「主よ、人の望みの喜びよ」(カンタータBWV147 より)
J.S.バッハ:
平均律クラヴィーア曲集第1巻より プレリュードとフーガ ハ長調BWV846
L.v.ベートーヴェン:
ピアノソナタ第8番ハ短調 op.13「悲愴」

◆オーボエソロ:森松炎山/ピアノ:吉永哲道
C.サン=サーンス:
オーボエソナタ ニ長調 op.166

◆バス独唱:渡部智也/ピアノ:吉永哲道
A.ダルゴムィシスキー:
「愛している、美しい人よ」
「東方のロマンス」
「庭園」
「結婚」

〈アンコール〉
◆バス独唱:渡部智也/ピアノ:吉永哲道
「ピアノのレッスン」
*D.チマローザのオペラ「宮廷楽士長」を渡部が改編。
◆ピアノ独奏:吉永哲道
F.ショパン:
Lento con gran espressione(ノクターン嬰ハ短調 遺作)


image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image4.jpeg
posted by tetsumichi at 11:00| その他

2020年08月05日

【演奏音源】2018年9月24日の演奏会より。

【黒岩悠×吉永哲道 ピアノソロ&デュオコンサート
Voyage on France 〜音楽フランス散歩〜】より

今回の演奏音源は、フランス音楽です。

宮廷文化の産物である、洗練されたラモーのクラヴサン曲。
ドビュッシーは独自の音楽語法により、旋律で何かを強く訴えかけるロマン主義の音楽と
は全く異なる、響きの現象としての存在自体が鮮烈な印象を放つ音楽を創造、確立させ
ました。
その神秘性が顕著に聴き取られる、月の光の描写の試み。
ロシアの画家、イヴァン・クラムスコイ(1837〜1887)の名画「月夜」とともに、その研ぎ澄
まされた響きの世界を堪能いただければ幸いです。

吉永哲道


J-F.ラモー:
クラヴサン曲集(第3組曲)より
「ミューズたちの対話」
C.ドビュッシー:
ベルガマスク組曲より
「月の光」
前奏曲集第2巻より
「月光が降り注ぐテラス」
「風変わりなラヴィーヌ将軍」

吉永哲道(ピアノ)
Tetsumichi YOSHINAGA, piano

2018年9月24日、宗次ホールでの収録

*曲ごとの頭出しの時間は、YouTubeの概要欄をご覧下さい。

posted by tetsumichi at 09:57| 演奏音源