2019年04月05日

24.音色(ねいろ)の世界。

私はひそかに
詩がかきたい
誰にもわからない
詩がかきたい
そしてそっとそれを
しまっておきたい。

〔中略〕

私は梅の香のような
詩がかきたい
春の日がおとずれてくるような
詩がかきたい。

私は理窟からのがれ出て
そして香気のある
あたたかい
詩がかきたい。

〔中略〕

私は小さい
小さい画(え)がかきたい
それは宝玉のように美しく
かがやき出る画がかきたい。

私は無邪気な
すなおな
なんでもないような
そのくせ見れば
見る程すきになるような
画がかきたい。

〔中略〕

何ものも
秘密のない人
白日のもとに
赤裸々になれる人
私はそういう人に
頭をさげるが、
しかし私は
何事もおぼろに見える
月の夜に
一人さまようような
詩がかきたい。

〔中略〕

私は白日のもとに
赤裸々になっても
それでも何か
不得要領な処(ところ)をもっていたい。

ぼうっとつかみ処のないもの
私はそれがへんに好きだ。
(亀井勝一郎編『武者小路実篤詩集』新潮社、1953年)


武者小路実篤の詩、「私はかきたい」。
私は時々、この「詩」と「画」という言葉を、「音楽」或いは「響き」に置き換えてみる。

梅の香のような響き。
春の日がおとずれてくるような音楽。
理窟ではなく、ただその香気とあたたかみで聴き手を魅了する響き。
小さくとも宝玉のように美しくかがやき出る音楽。
聴けば聴く程魅了される音楽……。


私たちをこれらの体験へと誘(いざな)うもの。
それが、豊かな倍音の変化が織りなす多彩な音色の世界なのだ。

例えば、ホロヴィッツの録音を聴いてみよう。
彼が生み出す響きは空間をさまようが如く漂い、溶け合い、スカルラッティのソナタやショパンのマズルカなどの小品では、まさに「小さくとも宝玉のように美しくかがやき出る」音楽が実現されている。極限まで磨き上げられた、時に戦慄さえも覚える程の美。ホロヴィッツが世界中のピアノファンから今尚愛され続けているのは、その魔術の如き音色を操る、言い換えるならば、倍音をコントロールするテクニック故であると思う。


では、どうすれば倍音をコントロールできるのか。
その第一歩は、自らが鳴らした音の「響きの行方」に耳をすます事だ。

どう打鍵するかではなく、打鍵に対して楽器がどの様な響きで応えてくれるかをじっくりと聴く。

音の発音としては、子音を硬くしっかり発音するのではなく母音を豊かに伸ばす意識。
「ドー!」ではなく「ンドォォォォォ〜〜」と言う感覚で……とでも言えばよいだろうか。この「ォォォォォ〜〜」の部分が音色(倍音の変化による響きの揺らぎ)の正体なのだから。

この経験を徹底的に積み重ねる事で、倍音の変化に耳を開いていく。

音色の観点から言うならば、テクニックの習得において最も重要なのは腕や指をいかに動かすかではなく、響きをコントロールする聴覚を育てる事だ。

「春の日がおとずれてくるような」音楽は……奏者の指ではなく、耳から生まれるのである。
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏技術について