2018年04月10日

2.心技一体

技術の原点は心になければならない。

例えば、ピアノの演奏で考えてみよう。
一つの音に気持ちを込める、一音入魂。それは正しい。
けれど、感情のままに鍵盤に指を押し付けてしまっては、ピアノは悲鳴をあげるだけだ。
弱音に心を込めようとする時、ただ鍵盤にそっと触れるだけでは、か細い貧弱な音になるだけだ。
一方で、どんなに優れた技術を身に付けたとしても、その人の心の内に豊かな音楽がなければ、技術は宝の持ち腐れとなってしまう。

良い技術を学ぶとは、正しい心の込め方を学ぶ事。
心(想い)なくして技術の鍛練は成り立たない。私たちは、ハノンの練習とJ.S.バッハの作品の演奏が決して異なる行為でない事を、理解しなければならないと思う。何故ならピアノの前に座った以上、いつなんどきも、単なる音ではなく音楽を奏でるべきなのだから。

恩師である故ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生が、いつだったかおっしゃられた事を思い出す。
「ギレリスは、ハ長調の音階を弾いても音楽だった。」
それこそが本物の技術、理想的な心技一体の姿なのだと思う。

*エミール・ギレリス(1916〜1985)
旧ソヴィエト連邦(現ウクライナ)、オデッサ生まれ。20世紀を代表する巨匠ピアニストの1人。
posted by tetsumichi at 07:00| 音楽について