2018年04月25日

4.美を求める。

学生、プロフェッショナルを問わず、日々の練習の時間がどうあるべきか。
彼らにとって、それが〈美の発見の場〉となり得ているならば、理想と言えるだろう。

例えばテクニックを考える時、弾き方の研究も勿論重要だが、もしそこに、美しい響きを求める意識が伴っていなかったとしたら……その技術の鍛錬は何の実りもないものとなってしまう。先ず初めに自らが理想とする響きがあり、その為に身体をどう使うかを考えるのが、本来あるべき順序なのだから。

演奏とは何だろう。
創造とは……。

少し前の事になるが、師匠である大野眞嗣先生がレッスンでJ.S.バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」をお聴かせ下さり、そのあまりの素晴らしさにその場にいた全員が圧倒された。想像を絶する響きの密度、輝き、規模……永遠の時を感じさせるような、先生の響きによって創造される神々しいまでの高貴なバッハの音楽に、皆が言葉を失ってしまったのだ。

前述の問いにかえろう。
演奏とは?
創造とは?
それは、飽くなき美の追求であり、美への奉仕であると私は思う。

太宰治がこんな言葉をのこしている。
《美しさは、人から指定されて感じいるものではなくて、自分で自分ひとりで、ふっと発見するものです》

自分で自分ひとりで。
美の発見と追求は、容易ではない。
何より《自分ひとり》である事に耐え抜く精神力が必要であり、そうして自らの美意識に従いその道を辿る人だけが到達できる世界、享受できる喜びがある。

私が今いる場所からは、パルナッソス山の頂上はまだはるか遠くに見えるだけだ。
けれども、自分の意志で音楽を人生の仕事として選んだ以上、道を歩む厳しさから逃げず、美への奉仕の心を失わない人間でありたいと思っている。

posted by tetsumichi at 07:00| 音楽について

2018年04月22日

【演奏会情報】吉永哲道ピアノリサイタル 音楽の愉しみ〜J.S.バッハと珠玉の小品たち〜

吉永哲道ピアノリサイタル
音楽の愉しみ 〜J.S.バッハと珠玉の小品たち〜
 
今回、オールシューマン作品で予定しておりましたリサイタルを、個人的事情により、全く別のプログラムに変更させて頂く事に致しました。
前半は私にとってライフワークでもありますJ.S.バッハの作品、後半はロマン派を中心とした小品の数々をお届け致します。それぞれの音楽の《美しさ》を、皆様と再発見、共有できる時間となりますように……心を込めて演奏致します。お聴き頂ければ大変嬉しく存じます。
吉永 哲道
 
 
〈日時〉
2018年4月27日(金)14:00開演
〈会場〉
カンマーザール in 立川
〈出演〉
吉永哲道(ピアノ)
〈曲目〉
J.S.バッハ=M.ヘス
「主よ、人の望みの喜びよ」(カンタータ BWV147より)
J.S.バッハ:
フランス組曲第2番 ハ短調 BWV813
フランス組曲第1番 ニ短調 BWV812
 
〜祈り〜
W.A.モーツァルト=F.リスト:
アヴェ・ヴェルム・コルプス
〜ポーランドの魂〜
F.ショパン:
軍隊ポロネーズ op.40-1
マズルカ op.63-3
別れの曲(エチュード op.10-3)
〜ロマン派の森へ〜
F.メンデルスゾーン:
無言歌集より「デュエット」op.38-6
R.シューマン:
「トロイメライ」
J.ブラームス:
間奏曲 op.118-2
〜ロシアからソヴィエトへ〜
M.グリンカ:
ノクターン「別れ」
S.ラフマニノフ:
プレリュード嬰ハ短調 op.3-2(通称「鐘」)
S.プロコフィエフ:
バレエ音楽《ロミオとジュリエット》より
「モンタギュー家とキャピュレット家」
 
〈入場料〉
全席自由 2,000円
〈チケットお問い合わせ〉
カンマーザール
042-522-3931
おんがくの共同作業場
http://www.gmaweb.net/npo/inquiry
 
image1.JPG
posted by tetsumichi at 10:21| 演奏会情報

2018年04月20日

【演奏会情報】愛知ロシア音楽研究会がお届けする《ロシア民謡万華鏡2018》

愛知ロシア音楽研究会企画・主催の演奏会、《ロシア民謡万華鏡2018》。
私はピアノソロで、映画「ドクトル・ジバゴ」より〈ララのテーマ〉、ロシアンダンスメドレー(岩間稔 編曲)、またロシア民謡の伴奏を数曲担当致します。
毎回、研究会の先生方がお考え下さる趣向を凝らしたプログラムは、ご来場頂いた皆様からも好評を得ており、今回もまた万華鏡の名に相応しく様々な作品が登場します。
是非お越し頂ければ嬉しく思います。
吉永 哲道
 
愛知ロシア音楽研究会がお届けする
《ロシア民謡万華鏡2018》
〈日時〉
2018年5月25日(金) 18:30開演(18:00開場)
〈会場〉
愛知県芸術劇場小ホール
〈監修〉
安原雅之
〈企画・構成〉
筧聰子、相羽良美
〈出演〉
筧真美子、川畑久子、金原聡子(ソプラノ)
筧聰子、木村洋子(メゾソプラノ)
佐藤恵子、原田綾子、山下勝、吉永哲道、渡辺理恵子(ピアノ)
江頭摩耶(ヴァイオリン)
筧孝也(フルート)
〈舞台コーディネート〉
御原祥子

〈曲目〉
映画「ドクトル・ジバゴ」より<ララのテーマ> M.ジャール
……吉永[pf]
ロシアンダンスメドレー 岩間 稔 編曲
……吉永[pf]
小さいグミの木 ロシア民謡
……筧(真)[sop]渡辺[pf]
『二重唱』白いアカシア 作曲者不詳
……筧(真)[sop]木村[mez]渡辺[pf]
燃えよ、燃えよ、私の星 P.プラーホフ
……木村[mez]渡辺[pf]
黒い瞳による幻想曲 S.クロマコフ
……原田[pf]
「150のロシア民謡」より K.ヴィルボア編
……山下[pf]
流れ深きヴォルガ ロシア民謡
……川畑[sop]山下[pf]
『二重唱』鈴の音が単調にひびく ロシア民謡
……金原[sop]川畑[sop]山下[pf]
ロシア民謡による変奏曲 I.ベルコヴィッチ
……渡辺[pf]
フルートソナタ 第3楽章 O.タクタキシヴィリ
……筧(孝)[fl]渡辺[pf]
あいびき P.ブラーホフ
……金原[sop]山下[pf]
「赤いサラファン」による幻想曲(モスクワの思い出) S.クロマコフ
……佐藤[pf]
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夜は輝く N.シシキン
……筧(聰)[mez]原田[pf]
疲れた太陽(太陽に灼かれて) E.アルテミエフ
……筧(聰)[mez]江頭[vn]原田[pf]
映画「馬虻」より<ロマンス> D.ショスタコーヴィッチ
……江頭[vn]山下[pf]
『ピアノ二重奏・4手』団結 op.95 D.ショスタコーヴィッチ
……原田[pf]山下[pf]
『みんなで歌おう・ロシア民謡』
1.カチューシャ 2.トロイカ 3.ポーリュシカ・ポーレ 4.ともしび
5.一週間 6.果てもなき荒れ野原 7.カリンカ
……吉永[pf](1-4) 山下[pf](5-7)

〈入場料〉
3,000円(全自由席)
〈主催〉
愛知ロシア音楽研究会
〈後援〉
日本・ロシア音楽家協会

〈チケット取り扱い〉
愛知芸術文化センターPG
 Tel:052-972-0430
カワイ名古屋PG
 Tel:052-962-3939
栄プレチケ92
 Tel:052-953-0777
 
http://www.tetsumichi.jp/schedule.html#20180525
 
IMG_0001.jpg
posted by tetsumichi at 06:00| 演奏会情報

2018年04月15日

3.響きに思う。

・美しい響きとは
「美しい音」、「美しい響き」と言った言葉を私たちはしばしば口にする。
倍音の豊かな響きは勿論美しい。
だが、物理的な美しさに留まった音が人の琴線に触れる事は、決してない。
彼(彼女)=演奏者が作品に対する深い想いや理解を持って鳴らす音、より広義に捉えるならば、自身のそれまでの人生経験を全て託すかの如くに鳴らされる音こそが聴き手の心を打つ。真の意味で美しい音とは、演奏者の人生の蓄積そのものなのだ。だからこそ、その追求は容易ならず、終わる事もない。

・楽器に歩み寄る
「表現しようとし過ぎて自分が興奮したり、熱くなり過ぎてはいけない。声楽家はあくまで声をきかせなければ。」
ある声楽家の先生のお言葉だが、ピアノの演奏もしかり。音楽は“響き”によって作られるのであり、奏者の個人的な情熱が、良い、美しい響きを歪めてしまってはならない。ピアノの音が美しく、伸びやかに歌うには、先ず何よりも音に対して弾き手の耳が開いていなければならないのだ。
いかに弾くかではではなく、いかに自分の音を聴いているか。
私たちは決してピアノを力で征服しようとする(ピアノと戦う)のではなく、耳をそばだてながら楽器に歩み寄り、タッチと響きの関係性等ピアノとの良い接し方を知り、習得していかなければならない。

・響きの内に
ピアノは、とりあえず鍵盤を押せば誰でもすぐに音を出せる楽器だが、“響かせる”となると全く事情が異なる。一つ言えるのは、絶対に鍵盤を指の力で押してはいけないと言う事だ。タッチと言う言葉の意味そのままに、鍵盤に触れる。ちなみにロシアでは、私が知る限り日本語の《打鍵》に相当する単語はなく、《鍵盤に触れる》と表現する。恩師である故ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生も、「鍵盤を打ってはいけない。鍵盤に触れる感触を大切に」と度々おっしゃられたものだ。美しい響きを得る為には、その《触れ方》を徹底的に学び、突き詰めなければならない。
そうして響きに耳を傾け、《響きで楽曲を弾く事》が出来る様になった時……私たちは初めて知るだろう。力で打ち鳴らされた音ではない、衰退する事なく伸びゆく響きの内にこそ、作曲家の魂があるのだと。

posted by tetsumichi at 07:00| ロシアピアニズム

2018年04月10日

2.心技一体

技術の原点は心になければならない。

例えば、ピアノの演奏で考えてみよう。
一つの音に気持ちを込める、一音入魂。それは正しい。
けれど、感情のままに鍵盤に指を押し付けてしまっては、ピアノは悲鳴をあげるだけだ。
弱音に心を込めようとする時、ただ鍵盤にそっと触れるだけでは、か細い貧弱な音になるだけだ。
一方で、どんなに優れた技術を身に付けたとしても、その人の心の内に豊かな音楽がなければ、技術は宝の持ち腐れとなってしまう。

良い技術を学ぶとは、正しい心の込め方を学ぶ事。
心(想い)なくして技術の鍛練は成り立たない。私たちは、ハノンの練習とJ.S.バッハの作品の演奏が決して異なる行為でない事を、理解しなければならないと思う。何故ならピアノの前に座った以上、いつなんどきも、単なる音ではなく音楽を奏でるべきなのだから。

恩師である故ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生が、いつだったかおっしゃられた事を思い出す。
「ギレリスは、ハ長調の音階を弾いても音楽だった。」
それこそが本物の技術、理想的な心技一体の姿なのだと思う。

*エミール・ギレリス(1916〜1985)
旧ソヴィエト連邦(現ウクライナ)、オデッサ生まれ。20世紀を代表する巨匠ピアニストの1人。
posted by tetsumichi at 07:00| 音楽について