2021年07月28日

【演奏音源】2014年3月22日の演奏会より。(R.シューマンの作品)

【ポリフォニー音楽の神髄 Vol.2 〜知性と情緒の融合〜 吉永哲道ピアノリサイタル】より

R.シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 Op.6

吉永哲道(ピアノ)
Tetsumichi YOSHINAGA, piano

2014年3月22日、宗次ホールでの収録


《この間、オイゼビウスがそっと戸をあけてはいってきた。この男の蒼白い顔にうかぶ、皮肉な、いかにも好奇心をそそるような微笑は君も知っているはずだ。僕はフロレスタンといっしょにピアノの前にすわっていた。このフロレスタンというのは、君も知っている通り、およそ来るべきもの、新しいもの、異常なものなら何でもみな予感するという、まれに見る音楽的な男の一人だ。しかし、この日はさすがの彼もめんくらった。「諸君、帽子をとりたまえ、天才だ」といってオイゼビウスが楽譜を一つ見せた。標
題は見えなかったけれども、僕はなにげなくばらばらとめくってみた。(中略)
「さあ、やらないか」とフロレスタンがいうと、オイゼビウスが承知したので、僕らは出窓によりかかって耳をすませた。オイゼビウスはまるで霊感がのりうつったようにひいた。》

音楽評論家としてのシューマンは、自らの内にオイゼビウスとフロレスタンという異なる人格を作り、しばしば彼らに会話、議論をさせる形で作品論を執筆しました。

活発で情熱的なフロレスタン。
物静かで夢想家のオイゼビウス。

シューマンの作品を理解する上で大変重要な、対照をなすこれら二つの人格が音楽で顕著に表されたのが、このダヴィッド同盟舞曲集です(初版では各曲の最後に、シューマン自身がフロレスタンの頭文字であるF、オイゼビウスのそれであるEを書き記しています)。
彼らの生き生きとした振る舞いや語り口を想像しながら、お聴きいただければ嬉しく思います。

吉永哲道


*各曲ごとの頭出しの時間は、YouTubeの概要欄をご覧下さい。
(ピアニスト 吉永哲道 https://www.youtube.com/channel/UCtjXmRqPGkGV4LtWluj7ewg




posted by tetsumichi at 09:35| 演奏音源

2021年07月24日

【終了報告】音楽を通して。

7月11日の宗次ホールでの演奏会が、無事終了致しました。
未だコロナの収束が見えない状況の中、演奏会開催の為に日々尽力されているホール関係者の方々(本当に、大変な事だと思います)、また当日会場へお運び下さり、温かな拍手を下さったお客様に、心より感謝申し上げます。

私は、演奏会は音楽作品を通じて、弾き手と聴き手が日常を超えた感動を分かち合う場になり得る事が理想だと思っています。
無難に綺麗な音楽(演奏)ほどつまらないものはない。
お聴き下さる方に、願わくば心揺さぶられる音楽体験を。
そんな想いで、演奏を続けています。

来年も新しいレパートリーをお届け致します。
楽しみにお待ちいただければ嬉しく思います。

どうぞ明日が良い日でありますように。
吉永哲道

*私の演奏音源を投稿しておりますYoutubeチャンネル
(ピアニスト 吉永哲道 https://www.youtube.com/channel/UCtjXmRqPGkGV4LtWluj7ewg
で、今回のソロの演奏もいずれ公開させていただきます。



西欧からロシアへ 〜名曲でたどる伝統と栄華〜
黒岩悠×吉永哲道 ピアノ・ソロ&デュオ


〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈プログラム〉
[黒岩ソロ]
M.グリンカ:
ノクターン「別れ」
J.S.バッハ(F.ブゾーニ編):
シャコンヌ
[吉永ソロ]
F.リスト:
《詩的で宗教的な調べ》より 第7番「葬送」
P.チャイコフスキー:
18の小品 op.72より 第5番「瞑想曲」
[2台ピアノ]
P.チャイコフスキー(N.エコノム編):
「くるみ割り人形」組曲より
小序曲
行進曲
金平糖の踊り
ロシアの踊り
葦笛の踊り
花のワルツ
S.ラフマニノフ:
2台ピアノのための組曲第2番 op.17より
ロマンス
タランテッラ

〈アンコール〉
S.ラフマニノフ:
プレリュード op.3-2
*作曲者本人の編曲による2台ピアノ版


image0.jpeg


image1.jpeg


posted by tetsumichi at 07:00| その他

2021年06月25日

【演奏音源】2014年3月22日の演奏会より。(A.マルチェッロ=J.S.バッハ、J.ブラームスの作品)

【ポリフォニー音楽の神髄 Vol.2 〜知性と情緒の融合〜 吉永哲道ピアノリサイタル】より

J.S.バッハ:
アレッサンドロ・マルチェッロのオーボエ協奏曲によるチェンバロ協奏曲BWV974より アダージョ
J.ブラームス:
3つの間奏曲 op.117

吉永哲道(ピアノ)
Tetsumichi YOSHINAGA, piano

2014年3月22日、宗次ホールでの収録


《演奏会当日のプログラムノートより》

1892年に心の友とも言うべき親しい間柄であったエリザベート・フォン・ヘルツォーゲンベルク夫人(作品79の2つのラプソディーは彼女に献呈されている)と姉のエリーゼが相次いでこの世を去り、50代半ばを迎えていたブラームスはこの頃から死への意識や孤独感をますます募らせていったと伝えられている。
晩年の傑作である作品116から119に至る4つのピアノ小曲集は、その様な心境の中で生み出された。とりわけ、ブラームス自身が「わが苦悩の子守歌」と呼んだ作品117の3つの間奏曲は、ブラームスの心奥の孤独が熟達した書法によって、染み入るように聴き手の心に迫る作品となっている。


安らかに眠れ、我が子よ、安らかに美しく眠れ!

おまえが泣く姿を見るのが私にはたまらない。


冒頭にヘルダー編「諸民族の声」からスコットランドの詩「不幸な母親の子守歌」の二行が銘句として引用された第1曲は、歌うというよりも朴訥と語るような調子で始まる。何かを愛おしく思うが故に味わう苦しみ(ブラームスにとってそれは、恐らく過ぎ去った時間であろう)…この小品では、そういった心理が音楽化されているのではないだろうか。またオクターヴの内声としてメロディーラインを配置するというポリフォニックな書法も、いかにもブラームスらしい。第2曲は、分散和音の動きの上で嘆きを表す二度音程進行を含む旋律が歌われ、ブラームス特有の仄暗い情熱に満ちている。調性や和声の精妙な移ろいは、まさに、作曲家の揺れる心情を代弁しているようだ。ユニゾンで始まる第3曲は陰欝な苦悩の独白である。中間部で少し明るさが垣間見えるものの、再現部ではテーマが一層焦燥感を帯びて現れ、最後は深い嘆息とともに終わってゆく。
かように、この曲集は苦悩や憂鬱を色濃くまとっているが、そうでありながらも、決して絶望には至らず、時に慈しみや安らぎさえも感じさせるのは、人生を諦観したブラームスの境地が反映されているからであろう。孤独が人間の本質である事をブラームスは理解し、ともに生きた。だからこそ、彼の、特に晩年の作品には、人間に対する悲しみを帯びた慈愛の眼差しがあるように私は感じるのである。

吉永哲道








posted by tetsumichi at 07:00| 演奏音源

2021年06月15日

36.前腕屈筋群の役割。

テクニックのお話です。

倍音をコントロールする技術。

タッチに関する現時点での私見ですが、前腕の屈筋群をいかに使うかにかかっているように思います。
浅指屈筋、橈側手根屈筋、尺側手根屈筋……具体的にどの筋肉がどれくらいの割合で働いているのかは正確には分かりませんが、前腕の内側、特に肘に近い部分を触りながら響きを確かめると、屈筋群がしっかり働いている状態と緩んでしまっているそれとでは、楽器の響き方が明らかに変わります。
日本で一般に言われている脱力は、恐らく結果的に前腕を”虚脱(あるいはそれに近い)状態にしようとしてしまっている”場合が多いのではないでしょうか。前腕から意図的に力を抜いて(抜こうとして)しまっては、そもそも指を効率よく動かす事すら不可能なはずです。

以前整形外科の医師の方に伺いました。「指を動かす筋肉はほとんど前腕の中にあり、更に指先の細やかな動きになると虫様筋の働きが重要になるんですよ。」

ピアノと言う楽器を倍音豊かな、歌う響きで奏でるためには、前腕の使い方を考える事が重要になると思います。いわゆる“指先を回す”発想を捨て、前腕の屈筋群を意識して指を動かす事で、得られる響きが変わっていくはずです。



image0.jpeg



posted by tetsumichi at 07:00| 演奏技術について

2021年06月13日

【演奏会情報】黒岩悠×吉永哲道 西欧からロシアへ 〜名曲でたどる伝統と栄華〜

チャイコフスキーとラフマニノフによって隆盛を極めたとも言える、ロシア・ロマン派の音楽。西欧の伝統とロシアの文化・精神が融合するに至る道程を想像しながら、今回のプログラムを構成しました。
是非お聴きいただければ嬉しく思います。
吉永哲道


西欧からロシアへ 〜名曲でたどる伝統と栄華〜
黒岩悠×吉永哲道 ピアノ・ソロ&デュオ

〈日時〉
2021年7月11日(日) 13:30開演(13:00開場)
〈会場〉
宗次ホール
〈出演〉
黒岩悠(ピアノ)
吉永哲道(ピアノ)

〈曲目〉
[吉永ソロ]
P.チャイコフスキー:
18の小品 op.72より 第5番「瞑想曲」
F.リスト:
《詩的で宗教的な調べ》より 第7番「葬送」
[黒岩ソロ]
M.グリンカ:
ノクターン「別れ」
J.S.バッハ(F.ブゾーニ編):
シャコンヌ
[2台ピアノ]
P.チャイコフスキー(N.エコノム編):
「くるみ割り人形」組曲より
小序曲
行進曲
金平糖の踊り
ロシアの踊り
葦笛の踊り
花のワルツ
S.ラフマニノフ:
2台ピアノのための組曲第2番 op.17より
ロマンス
タランテッラ

〈入場料〉
一般自由席 2,000円
〈主催〉
宗次ホール
〈チケットお問い合わせ〉
宗次ホールチケットセンター Tel : 052-265-1718
チケットぴあ Tel:0570-02-9999[Pコード:197-201]


スイーツ黒岩×吉永表-2.jpg


スイーツ黒岩×吉永裏-3.jpg


posted by tetsumichi at 14:00| 演奏会情報