2019年05月15日

26.種をまく。

「ソムリエがワインをテイスティングするように、貴方はここで様々なド(の音)の響きを味わわなければならないのですよ。」

モーツァルトのピアノソナタハ長調KV330のレッスンで、ゴルノスターエヴァ先生が第2楽章冒頭の3つのド音を様々なタッチで響かせながら、そうおっしゃられた事があった。
当時私は小学6年生、ソムリエという職業を知っていたかどうかすら甚だ怪しいのだが……兎にも角にも、先生は相手が子供だからと手加減する事は一切なく、響きを聴く事の重要性を半ば洗脳するかの如く(!)、10代の私に徹底的に植え付けて下さったのである。


教師の役割とは何だろうか?
レッスンの場において演奏の体裁を整える事を否定はしないが……私はそれよりも、生徒の心の土壌に種をまく事こそが教師本来の役割であると思う。
例えその場で生徒が理解、実践できなくとも、その生徒の中に“何か”が残るかどうか。
教師が何かを残す事が出来れば、いずれそれは、生徒自身の努力によって美しい花を咲かせるだろう。

ゴルノスターエヴァ先生は、そうして日本の生徒たちを育てて下さった。
私は、至らずとも先生のその精神を受け継いで音楽に従事する事が、自分自身がなすべき務めだと思っている。


posted by tetsumichi at 07:00| ロシアピアニズム

2019年05月05日

25.静寂。

音楽の素晴らしさは、音を鳴らしながらも静寂を伝え得る事にあると思う。

モスクワに留学していた時、ヴォルガ川沿いのヤロスラヴリという街へ遊びに行った事がある。
そこで見た、ヴォルガ川の夜明け。
物音一つ聞こえない穏やかな静けさの中、次第に空が白み始め、やがて陽の光に広大な川面が輝き始める……。
それは、果てしなく豊かな時間を感じる体験だった。

喧騒だけでは、音楽は成り立たない。
聴き手が「静寂が生む豊かさ」を感じられる演奏こそが、本物だと思う。
posted by tetsumichi at 07:00| 音楽について

2019年04月05日

24.音色(ねいろ)の世界。

私はひそかに
詩がかきたい
誰にもわからない
詩がかきたい
そしてそっとそれを
しまっておきたい。

〔中略〕

私は梅の香のような
詩がかきたい
春の日がおとずれてくるような
詩がかきたい。

私は理窟からのがれ出て
そして香気のある
あたたかい
詩がかきたい。

〔中略〕

私は小さい
小さい画(え)がかきたい
それは宝玉のように美しく
かがやき出る画がかきたい。

私は無邪気な
すなおな
なんでもないような
そのくせ見れば
見る程すきになるような
画がかきたい。

〔中略〕

何ものも
秘密のない人
白日のもとに
赤裸々になれる人
私はそういう人に
頭をさげるが、
しかし私は
何事もおぼろに見える
月の夜に
一人さまようような
詩がかきたい。

〔中略〕

私は白日のもとに
赤裸々になっても
それでも何か
不得要領な処(ところ)をもっていたい。

ぼうっとつかみ処のないもの
私はそれがへんに好きだ。
(亀井勝一郎編『武者小路実篤詩集』新潮社、1953年)


武者小路実篤の詩、「私はかきたい」。
私は時々、この「詩」と「画」という言葉を、「音楽」或いは「響き」に置き換えてみる。

梅の香のような響き。
春の日がおとずれてくるような音楽。
理窟ではなく、ただその香気とあたたかみで聴き手を魅了する響き。
小さくとも宝玉のように美しくかがやき出る音楽。
聴けば聴く程魅了される音楽……。


私たちをこれらの体験へと誘(いざな)うもの。
それが、豊かな倍音の変化が織りなす多彩な音色の世界なのだ。

例えば、ホロヴィッツの録音を聴いてみよう。
彼が生み出す響きは空間をさまようが如く漂い、溶け合い、スカルラッティのソナタやショパンのマズルカなどの小品では、まさに「小さくとも宝玉のように美しくかがやき出る」音楽が実現されている。極限まで磨き上げられた、時に戦慄さえも覚える程の美。ホロヴィッツが世界中のピアノファンから今尚愛され続けているのは、その魔術の如き音色を操る、言い換えるならば、倍音をコントロールするテクニック故であると思う。


では、どうすれば倍音をコントロールできるのか。
その第一歩は、自らが鳴らした音の「響きの行方」に耳をすます事だ。

どう打鍵するかではなく、打鍵に対して楽器がどの様な響きで応えてくれるかをじっくりと聴く。

音の発音としては、子音を硬くしっかり発音するのではなく母音を豊かに伸ばす意識。
「ドー!」ではなく「ンドォォォォォ〜〜」と言う感覚で……とでも言えばよいだろうか。この「ォォォォォ〜〜」の部分が音色(倍音の変化による響きの揺らぎ)の正体なのだから。

この経験を徹底的に積み重ねる事で、倍音の変化に耳を開いていく。

音色の観点から言うならば、テクニックの習得において最も重要なのは腕や指をいかに動かすかではなく、響きをコントロールする聴覚を育てる事だ。

「春の日がおとずれてくるような」音楽は……奏者の指ではなく、耳から生まれるのである。
posted by tetsumichi at 07:00| 演奏技術について

2019年03月25日

23.目的は音楽。

私が大野眞嗣先生の門を叩いてから既に9年近くの月日が経つが、いつも感嘆せざるを得ないのが、先生の演奏技術は勿論の事、演奏表現における驚異的なイマジネーションの豊かさだ。
先日もレッスンにて、私には到底思いもつかないようなタッチの使い分けを次々とご指摘いただき、それを実践する事で様変わりしていく自分の演奏に、音楽する事の楽しみや喜びを心の底からかみしめさせていただいた。

楽譜を見た時、一つの音型、一つのフレーズに、どれほど豊かな「イントネーション」を発見する(感じ取る)事ができるか。想像力がなければ、どんなに技術を磨いて楽器の扱いに長けようとも、それは宝の持ち腐れになってしまう。一流の技術を必要とするような教養と音楽的感性が、弾き手になければ……。

技術は、所詮手段に過ぎない。
目的は、音楽。
音楽が技術を求めるのであり、自分の技術で音楽を作ろうとしてはいけない。

大野先生の音楽(先生のイマジネーション)は、目から鱗が落ちる様な音楽体験のみならず、時につい技術を試す誘惑にかられ本末転倒になる私を、あるべき正しい方向へと導いて下さるのである。


posted by tetsumichi at 07:00| 音楽について

2019年03月15日

22.モスクワ訪問記。

認定NPO法人おんがくの共同作業場の会報「NPO音場ニュース」に、3回にわたり寄稿させていただいた昨年のモスクワでの演奏会についてのコラムを、こちらにも掲載致します。
ご一読いただければ幸いです。
吉永哲道


〈モスクワ訪問記 其の一〉

9月28日から10月3日にかけて、バス歌手渡部智也氏とともにモスクワを訪れ、モスクワの中心部にあるプロコフィエフ博物館(プロコフィエフが晩年に生活、仕事をしていたアパート)、及び退役軍人の方々が過ごしておられる施設の二ヶ所でコンサートを行って参りました。日露交流がテーマでもあった今回の演奏会、実現に向け現地で沢山の方々が動いて下さり、また一流のロシア人民族楽器奏者との共演もあり……国境を、民族を越えて「音楽で繋がる事」の尊さを心からかみしめた次第です。
3回程に分けて拙文ながら今回のモスクワ訪問について書かせて頂きますが、本記事ではプロコフィエフ博物館で出会ったピアノについて少々綴りたく思います。演奏会前日のリハーサルでの事。博物館には2台のスタインウェイがあったのですが、設置されていた楽器がいくら弾いてもピンときません。聴いてくれていた渡部氏に、“音が安っぽいよね?”と聞くと、“そこまでは言わないけど……”と答えてくれつつも苦笑い。どうしたものかといささか困惑していたところ、ふと、ホールの隅に置かれている古いピアノが目に入ったのです。淡い期待を抱きつつ、恐る恐る鍵盤の蓋を開けポーンと一音。……何と味わいのある響き!一般的にピアニストは楽器を持ち運ぶ事ができませんが、だからこそ、こういう瞬間には心震える喜びを感じるのです。古いニューヨークスタインウェイ。どんな経緯でここモスクワのプロコフィエフ博物館に来たのか……その後、ピアノとじっくり対話するように弾き込みました。長い年月を経た楽器には、きっと、製造者やその楽器に触れてきた人々の想いが込もっている。私は、そう言った……魂の宿る楽器の音色に心をひかれるのです。



〈モスクワ訪問記 其の二〉

今回は、少し個人的な内容となります事をご容赦下さい。
私が、1998年9月から2008年12月にかけてのモスクワでの留学生活を終え、再び同地を訪れたのは2015年9月、実に7年の月日が経っていました。きっかけは恩師、ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生の訃報。私は縁あって、11歳の時から日本で定期的にヴェーラ先生のレッスンを受ける機会に恵まれ、その後前述の通り、モスクワ音楽院へ留学しました。日本とロシアを通して18年間先生の下で学ばせていただいた訳ですが、その初めての出会いは、今も私の記憶に鮮明に刻まれています。公開の場で何曲か演奏をお聞きいただいたのですが、その内の1曲、ショパンの〈革命のエチュード〉に対して先生は、「今のあなたには技術的にも精神的にも、この曲はまだ弾けません。こういう作品なのですから」とおっしゃられ、その場で全曲演奏して下さったのです。音楽は音で語られなければならない……私が今も“響き”にとことんこだわらずにいられないのは、この時の先生の演奏が原体験にあるからに違いありません。
2015年1月、先生の訃報は本当に突然の事でした。先生との出会いがなければ、今の私の音楽人生は全く違うものになっていたはずです。墓前でお礼とお別れを申し上げたい。その想いで、同年9月、7年ぶりにモスクワを訪れました。
以来、3回目となる今回の訪問では、現地の方々の多大なお力添えで演奏会が実現しました。幼き日よりヴェーラ先生に導かれ10年という歳月を過ごしたモスクワで、ロシアの音楽を演奏する機会をいただけた事は、私にとって大きな喜びでした。次回の記事では、演奏会を終えて感じた事等を書かせていただきたく思います。



〈モスクワ訪問記 其の三〉

“日本とモスクワでは、何かが違う” ── モスクワでの2回の演奏会(2018年9月30日、10月2日)を終えた後、渡部智也氏とそのような会話になりました。
その“何か”を言葉で言い表す事は難しいのですが……日本での演奏会と、モスクワでロシア人の聴衆を前に演奏する事とでは、自分たちの意識の在り方に何か決定的な違いを感じたのです。思うに、これがやはり、その文化を生み出した土地の空気に触れる事の意義なのではないでしょうか。ロシア語を耳にしながら、例えば、プーシキン、マヤコフスキーと言った偉大な文化人たちの銅像が立つ広場を歩き、音楽院、ボリショイ劇場等、歴史の重みを感じさせる建築物を訪れる。写真で見るだけでは味わえない、その場の空気ごと肌で直接感じ取られるリアルな体験が、演奏の瞬間にも、私たちの無意識の領域に大きく作用しているように思うのです。けれど、“やっぱり違うよね”で済ませてしまっては、ロシア訪問がただの楽しい旅行になってしまう。その現地で受け取った感覚をしっかりと日本に持ち帰り演奏や指導を続けてこそ、旅が実りあるものになるのだと、自分たちの音楽人としての在り方を改めて再確認した次第です。
私は、人と人が言葉を超えて何かを分かち合える事が、音楽の素晴らしさだと思っています。演奏家は、ただ良い声で歌うだけでは、ただ美しい響きで楽器を弾くだけでは充分に役割をなしたとは言えない。奏者に、作品に込められた作曲家の魂に対する狂おしいまでの共感があって初めて、演奏は聴き手に何かを伝え得るものとなる。演奏とは、いわば魂の鍛錬 ── そうして自らの心を深める事の尊さを、ロシアと言う国もまた、私に教えてくれるのです。
3回にわたりこのコラムをお読みいただき、大変有難うございました。


image1.jpeg
posted by tetsumichi at 07:00| モスクワ